真田丸感想

第6話「迷走」の感想

2016/11/30



真田丸第6回「迷走」の感想です。 今回も前回に続き「本能寺の変」後のごたごたが続きます。

 

源次郎信繁(俳優:堺雅人さん)と義兄の小山田茂誠(俳優:高木渉さん)は無事安土城内から松(女優:木村佳乃さん)を助け出しますが、  城外にでたあと、明智の兵に襲われちりじりになります。

 

信繁も茂誠さんも三十郎(キャスト:迫田孝也さん)も奮戦し必死に戦います。落ち武者姿でちょっと情けない姿を見せた茂誠さんも実は強い。しかし助ける人質の人数が多すぎてΣ

 

父・昌幸が差し向けた佐助(俳優:藤井隆さん)も合流し、松を助けるが多勢に無勢、松は敵に追い詰められ、崖から飛び降りてしまう。。

 

なぜ松はあんな事をしたんでしょうね?

 

松はあとで農民に助けられた様ですが、記憶喪失なのか農家でぼ~っとしてますね。 でも助かって良かった。夫の茂誠に貰ったポプリを握り締めています。

 

⇒ 茂誠ポプリを作る

 

茂誠がまだ松が生きていたことを知らないのが気にかかります。 後追いしそうな勢いでしたから心配です。

 

そして松と離れ離れになった一行は、真田の郷の道すがらある寺に立ち寄ります。そこで織田家重臣の森長可(キャスト:谷田 歩さん)を護衛する、出浦昌相(キャスト:寺島進さん)に出会います。

 

また会おうと信繁の頭をポンポンする出浦昌相さま。格好いい!優しい!!

 

⇒ かっこいい!出浦昌相(いでうらまさすけ)様。

 

一方、真田の郷ではお兄ちゃんの真田源三郎信幸(俳優:大泉洋さん)が相変わらず「信長のかたきを討つ」事を主張。 昌幸はそんな気はまったくなく、上杉につくか北条につくか悩んでいます。

 

パッパは織田の重臣・滝川一益(俳優:段田安則さん)には「信長さまのかたきを討ち織田家中を率いてください。 真田安房守、滝川殿に賭け申す。キリッ」と焚き付けています(笑)

 

真田家の今後について、昌幸は考えを巡らし、 弟の信伊(のぶただ)を上杉と北条に遣わしてますね。 信伊(俳優:栗原英雄)さん大変ですね。 前回は北で上杉景勝と重臣・直江兼続(なおえかねつぐ)と対面し、 今回は東の北条氏政と対面ですから。

 

戦国の兄弟、親族は裏切りが多いのですが、 「真田の兄弟」「真田の親族」の結束は固い。 ここが真田が戦国を生き延びられた理由のひとつと思いますが、 色んなエピソードがあるので、このサイトでまたお話していきたいと思います。

 

ドラマでも沢山取り入れられたらいいな~。 真田一族の話、にゃんか感動して涙ぐみそうになったりします(笑)

 

さて、北条氏政はにこやかに信伊と対面し、 また滝川一益には敵対しない旨を書面で送ります。 でも内心は違う・・ 北条氏政(俳優:高嶋政伸さん)、超悪そうな笑顔をみせます(笑)家康役の内野聖陽さんに続き、高嶋政伸さんの顔芸がひかりますw

 

先日伊賀越えでご苦労された家康くんはまだダメージが抜けないようで、 側室の阿茶局(女優:斉藤由貴さん)や側近の本田正信(俳優:近藤正臣さん)に介抱されています。

 

一緒に伊賀越えした本田忠勝(俳優:藤岡弘、さん)は元気回復して、 「信長さまのかたきを討つ準備が整いました」と報告します。 家康にはそんな気はないのですが。

 

-信長の敵を討つ-
主張している徳川の本田忠勝とわれらが真田の嫡男・源三郎信幸。 忠義もの、律義者で共通している処がありますね。 このふたりがのちに舅と婿になるんですから面白いですね。

 

 

松を失い、信繁一行は真田の郷に帰ってきます。 ここで「きり(女優:長澤まさみさん)」と「梅(女優:黒木華さん)」という対照的な女性がふたり。
落ち込んでいる信繁に、

 

きり:「人質に使える駒がひとつ減って真田家も大変でございますね」という女と。

 

梅:「源次郎さまがお帰りになってほっといたしました。」
梅:「もし真田の郷になにかあった時は必ず私をお救い下さいませ」という女。

 

どう考えても男性の心をつかむのは(>_<) ! きりは真田家の為、信繁の祖母きり(キャスト:草笛光子さん)に付いて沼田城に行くのにね。 不器用ですね。

 

あ、なんか「本能寺の変」に続き、 明智光秀対羽柴秀吉の「山崎の戦い」もスルーされた様です。(笑) 秀吉さん一瞬出てきただけでした。 もしや明智さんはこれで出てこないとか・・まさか・・ネット上ではナレ死という言葉が出始めています。

 

⇒ 有働アナの「ナレ死」話題に

 

織田の重臣・滝川一益は主君のかたきを討つ事が出来ず、 肩入れした昌幸はまた違う手を考えなくてはいけません。 「ワシは疫病神か?」 と信幸につぶやく昌幸wう~ん。。(;´∀`)

 

ただ今回最後には父・昌幸の気持ちが固まったようですね。

 

「これより真田は誰の下にもつかん。」
「もうやつら(大名)の顔色をうかがうのはごめんじゃ!」
「沼田と岩櫃の城を奪い返す!!」
お父さんまたまたかっこいい!

 

真田の戦いがはじまります!
次回また楽しみです~ヾ(´∇`。*)ノ

 

真田丸第6話「迷走」の感想。 お読みいただきありがとうございました(*´∀`)
真田丸第7話「奪回」感想もよろしくお願いします♪

関連記事

⇒ 真田丸登場人物&キャスト紹介

こちらの記事もよく読まれています:


スポンサーリンク

記事下の紹介

関東勢百万と候え、男はひとりもなく候Tシャツ

真田幸村が伊達政宗の軍に放った言葉「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候(徳川兵に真の武士は1人もおらんのか~!)」と書かれたTシャツをご紹介!

⇒ 真田丸Tシャツ♪

真田丸を見逃した方必見

見逃した回やもう一度初めから真田丸を見たい方に便利にお得に再視聴出来る方法やおススメのサービスをご案内(・▽・*)

⇒ 真田丸をもう一度見る♪

-真田丸感想