真田丸感想

第9話「駆引」の感想

2016/12/03



真田丸第9話「駆引」の感想です!

 

前回の春日信達への調略により、みごと上杉と北条を信濃から追い出した父・真田昌幸(俳優:草刈正雄さん)。北条を方向転換させた事で、北条軍は徳川に牙を剥きます。

 

兄の昌幸の指示のもと、春日信達(かすがのぶたつ)を調略した昌幸の弟・信伊(俳優:栗原英雄さん)。裏切り者の汚名をきせられ、さらされた春日信達。 尊敬する父の昌幸と叔父上信伊、二人の所業を目の当たりにし、そのショックから抜け出せない源次郎(信繁)。

 

私達視聴者もショックでしたね~。源次郎(信繁)と私達視聴者がそこからどう持ち直すのか。 今回の裏課題だったかも?

 

真田家は一旦危機を脱します。
昌幸:「今、信濃には上杉も北条も徳川もいない。」

 

そういう状態になった今、どうするのか?昌幸の盟友、出浦昌相(いでうらまさすけ)(キャスト:寺島進さん)は昌幸に大名になれと言う。昌幸はわしにはそんな力はないと突っぱねる。

 

昌幸:「信濃の国衆をまとめひとつにする。大名なしの国を作るのじゃ」
そう言う昌幸に少し戸惑いながらも、長男・信幸(キャスト:大泉洋さん)と出浦昌相は賛同する。源次郎信繁(キャスト:堺雅人さん)はまだ割り切れない思いを抱え、昌幸に問うてみる。

 

信繁:「父上は思いどおりに事を進める為にはどんな事でもなさるのですか?」
昌幸:「あたりまえじゃ!」

 

昌幸:「お前はまだ策というものを知らぬ」
信繁:「知りたくありません。」

 

昌幸に反発する信繁。

 

さて、国衆だけの国を作るなら、室賀の協力が不可欠である。真田昌幸達は室賀正武に相談を持ちかけるが・・ 以外にも賛成される(笑)

 

室賀さんの「黙れ小童」以外の魅力が今回でましたね。信繁に「上杉や北条、徳川にこの地を取られるよりましだ」「昌幸もわしも共にこの小県(ちいさがた)で生まれ育ったもの同士だ」と笑顔で話かけます。 (皆さん信繁には優しい。。お兄ちゃんにはきつい、汗)

 

⇒ 一度は言いたい「黙れ小童!」

 

そして同じく小県の国人衆、出浦昌相が昌幸の家臣となるのは、昌幸に男として惚れただけでなく、やはり郷土を守るという同じ気持ちからではないでしょうか。

 

しかしその後の昌幸の、国衆達の国を作る→

 

やっぱり駄目だ俺が大名になる。

 

の変わり身の早い思考回路に、 室賀さんは置いてけぼりを食う形になりそうですが・・。

 

次回以降、確実にトラブルになりますよね(苦笑)

 

出来たら信濃の国衆みんなで、周辺の大名に対抗して欲しいのですが、どうなりますか。

 

さて、昌幸ですが。
大名になると決心する間に、一晩じっと思考するシーンが入っています。自分に問う、そしてお館様(昌幸にとってはつねに信玄公)に問う。

 

昌幸:「お館様・・それがしでよいのでしょうか? わしにこの地を治めるだけの力はあるのでしょうか・・いや・・この世に武田信玄公の代わりが務まる者など・・いるわけがない」

 

昌幸にとっては信玄公がつねに心の指針なんですね。

 

昌幸は真田家の3男でした(信伊は4男)若い頃から信玄公に重用され、武田の親戚筋の武藤家の養子として、 武藤喜兵衛(むとうきへい)の名で侍大将として仕えていました。

 

⇒ 真田丸以前、真田4兄弟の物語。

 

先日同じくNHKの番組、確か2/25日放送の「英雄たちの選択」にて、真田昌幸の事が取り上げられていましたが、信玄公のすべての軍議に、昌幸(当時は武藤喜兵衛)も出席を許され(発言せず仕えている)信玄公や重臣達の戦略をつぶさに聞いていたという話がありました。昌幸お父さんは信玄公に英才教育を受けていたんですね~。

 

真田昌幸がどう大名になり上がるか。
ちなみに中国地方の戦国大名・毛利元就も真田昌幸と同じく国人衆出身です。彼もまた謀略の天才で「謀神」と言われています。謀神って・・。真田家の成り上がり作戦、今後の展開が楽しみです。

 

ところで信繁(俳優:堺雅人さん)ときり(女優:長澤まさみさん)ちゃん、梅(女優:黒木華さん)ちゃんの恋模様ですが。

 

信繁と梅ちゃん、今回相思相愛になったご様子。

 

きりちゃん蚊帳の外ですね(苦笑)ああいう事すると嫌われるというもろもろを色々しちゃいましたね。見てても「あ~あ」思いますものね(笑)きりちゃんの行動は「きりウザい」「きり嫌い」とネットでも話題になっています。

 

でもきっといつか、きりは信繁にとって「なくてはならない人」になるんでしょうね。

 

⇒ 信繁と信幸の女性関係をまとめてみよう(笑)

 

信幸とこうの夫婦関係も気になる。こうって幸(こう)なんでしょうか?(笑)おこうさんを演じるのは女優の長野里美さん。

 

そして父上と母上の寝所でのやりとりは笑ってしまいました(・▽・*)

 

さて、真田家。
今まで大名達を相手に上手に渡り歩き、時には小馬鹿にしてきた真田家ですが(特に昌幸がw)徳川家康(俳優:内野聖陽さん)と北条氏政(俳優:高嶋政伸さん)が手を結ぶという事態になり、真田丸では新しい展開を迎えそうですね。

 

予告ではそれでも真田家それぞれが奮闘する様子が描かれていました。大名達相手にパッパ昌幸がどう立ち回るのか楽しみです!

 

どうする真田家。
次回も待ちどおしいですね(*´∀`).。o○
真田丸第9話「駆引」の感想。 お読みいただきありがとうございました(*´∀`)
真田丸第10話「妙手」感想 もよろしくお願いします♪

関連記事

⇒ 真田丸登場人物&キャスト紹介

こちらの記事もよく読まれています:


スポンサーリンク

記事下の紹介

関東勢百万と候え、男はひとりもなく候Tシャツ

真田幸村が伊達政宗の軍に放った言葉「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候(徳川兵に真の武士は1人もおらんのか~!)」と書かれたTシャツをご紹介!

⇒ 真田丸Tシャツ♪

真田丸を見逃した方必見

見逃した回やもう一度初めから真田丸を見たい方に便利にお得に再視聴出来る方法やおススメのサービスをご案内(・▽・*)

⇒ 真田丸をもう一度見る♪

-真田丸感想