真田丸感想

第48話「引鉄」の感想

2016/12/15



真田丸48話「引鉄」の感想です!

 

「引鉄(ひきがね)」。それは真田幸村が馬上筒を手に入れ、家康を倒すために引き金を引く練習を始めた事と、大坂夏の陣へ向けて豊臣方が徳川に引き金を引いた事を意味するタイトル。

真田丸48話「引鉄」の感想

大坂冬の陣から数ヶ月、その間の牢人衆の動きは

 

・俸祿(金)を求める→

・お金が入ったので武器を買う→

・やり方に不満を持った牢人衆が大野治長を襲撃→

・堀を掘り返す。

 

という動きをしました。一連の流れは大河ドラマ真田丸では大野治長の弟、大野治房(キャスト:武田幸三さん)がキーマンになっているのがポイントでした。この流れではやっぱり大蔵卿局とその息子達・大野三兄弟が大坂城を引っ掻き回している印象ですよね。

 

大野治長は今までのドラマでの書き方より、好感の持てる人物として描かれていますね。母親にいまいち強気に出れず、後藤又兵衛に睨まれたら視線を変えるとか、その人間臭いところが魅力なのか人気が上がってきています。大野治長のキャストは今井朋彦さん。

 

嬉しそうに木札の塙団右衛門(ばんだんえもん)が武器を購入し、みんなに見せびらかしていましたが、私がもし牢人なら私も武器を買います。人情としてそうじゃないでしょうか?

 

自分のため、仲間のため、豊臣のために、享楽に使うのでなく戦う道具を買う。

 

現代で言えば仕事道具を自分の給料で買うという行為と同じですからね。牢人たちの気持ちが切なくて健気さに涙が出てさえします。

 

堀を掘り返すのはやりすぎだけど、それも流れとしてしょうがない気がします。牢人達も勝つことを考えている。自分達で出来る最善の方法を必死で考えている。堀がないと戦えない。攻められたら一環の終わりだ。その流れは止められない・・後藤又兵衛も牢人達の気持ちが分かるから止める手に力が入らなかったと思います。

 

ところで大坂冬の陣の後のひとときの平和な時間。大坂城に牢人達の家族が来たりしてほのぼの、良い光景でしたね(・▽・*)

 

毛利勝永

一緒に参陣した嫡男・毛利勝家を「なかなか良い働きであった」と褒める毛利勝永(キャスト:岡本健一さん)。妻は賢婦で知られる奥様かしら?

⇒ 毛利勝永役は岡本健一さん

 

長宗我部盛親

もと長宗我部家の家臣たちと宴をしてたモリチー(キャスト:阿南健治さん)。家臣に「長宗我部家は本当に再興が叶いましょうか?」と問われ「案ずるな!」と笑顔で答えていました。

⇒ 長宗我部盛親の生涯と最後

 

明石全登

「アーメン」の後、こちらも宴。一緒にいるのは家臣でしょうか?家族でしょうか?ちなみに明石全登(キャスト:小林顕作さん)の家族は両親も子もみなキリシタンです。

⇒ 明石全登役の小林顕作さん

 

塙団右衛門(ばんだんえもん)

団右衛門(キャスト:小手伸也さん)は綺麗な奥様といちゃちゃ。「お前は大名の妻になるのだ」いつも前向きな団右衛門さん(この人じわじわ好きになってくるw)

⇒ 木札をばらまく塙団右衛門

 

後藤又兵衛

後藤又兵衛(キャスト:哀川翔さん)は誰も呼ばず。

⇒ 後藤又兵衛役は哀川翔さん

 

木村重成

木村重成(キャスト:白石隼也さん)は実はお正月あたりに新妻を娶ったはず!

⇒ 秀頼の腹心、イケメン若武者の木村重成

 

大角与左衛門

料理人の大角与左衛門(おおすみよざえもん)(キャスト:樋浦 勉さん)は後藤と木村からの「妻子は?」の問いに「妻も子もとうの昔に・・」と答えていました;

⇒ 大坂城の台所頭、大角与左衛門

 

庭向こうでは大蔵卿局と大野三兄弟が仲良く過ごしていましたね。大野治長は母親に優しく接していて・・母親思いなんですね。ついでにいうと茶々と秀頼が仲良くしているところも見たかった(・▽・*)

 

そして真田幸村は

真田源次郎幸村は嫡男・真田大助(キャスト:浦上晟周さん)を連れて甥の真田信吉(キャスト:広田亮平さん)のもとへ。ここで三十郎と義兄である小山田茂誠さんと再会。大助は従兄弟の真田信政(キャスト:大山真志さん)に絡まれて可哀想でしたね。信政腹たちますね!

 

三十郎(キャスト:迫田孝也さん)がその状況を察知して、相撲で信政を倒してくれて良かった。そして幸村は茂誠(キャスト:高木渉さん)に野戦の仕方を学びます。そう狙うは徳川家康を倒す事。

 

幸村と大助が大坂城に帰り、庭に作った畑を堀田作兵衛、春ときり達と耕していると、以前利休の茶室があったというこの庭から小箱が出てきます。そこには千利休が埋めた馬上筒が!そんな偶然ありますかね(笑)

 

ちょっと前に調べたところによると茶々、秀頼らが最期を迎えた「山里丸の櫓(やぐら)」が利休の茶室があった辺りだそうで、じゃ、いま真田幸村一家が住んでいるこの辺りが茶々、秀頼の終焉の地ってことでしょうか?それも偶然?(;・∀・)

 

茶々と利休は大河ドラマ真田丸では因縁浅からぬふたり。長いフラグ回収だったらどうしよう、色々想像してしまいます。もはやホラー。

 

お兄ちゃん真田信之(キャスト:大泉洋さん)は前々回の真田丸46話にて出浦昌相さまと稲に大坂に兵糧を届けに行くことを阻止されましたが、今回は弟の真田幸村(キャスト:堺雅人さん)からの文を見て、幸村の覚悟を知ります。そして大坂に幸村を説得に行くことを決めます。

 

ところで兵糧を届けに行った平野長泰さんは一体何処に?(汗)

 

最期に今回のきりちゃん(キャスト:長澤まさみさん)。

 

真田幸村の命を受け、徳川家康(キャスト:内野聖陽さん)を単独で倒しに行く佐助(キャスト:藤井隆さん)。佐助は行く間際に きりにプロポーズ。しかし きり、即行「ゴメンナサイ」した!

 

せめて一拍置いてから断って欲しかった(苦笑)

 

⇒ 佐助、出浦様のリベンジなるか

 

真田丸第48話「引鉄(ひきがね)」の感想。お読みいただきありがとうございました
真田丸第49話「前夜」の感想もよろしくお願いします!

 

こちらの記事もよく読まれています:


スポンサーリンク

記事下の紹介

関東勢百万と候え、男はひとりもなく候Tシャツ

真田幸村が伊達政宗の軍に放った言葉「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候(徳川兵に真の武士は1人もおらんのか~!)」と書かれたTシャツをご紹介!

⇒ 真田丸Tシャツ♪

真田丸を見逃した方必見

見逃した回やもう一度初めから真田丸を見たい方に便利にお得に再視聴出来る方法やおススメのサービスをご案内(・▽・*)

⇒ 真田丸をもう一度見る♪

-真田丸感想