真田丸感想

第15話「秀吉」の感想

2016/12/05



真田丸第15話「秀吉」感想です!

 

いやぁ、小日向文世(こひなたふみよ)さんの豊臣秀吉。 いきなりゾクゾクしましたねぇ。 今までもちらほら出てはいたけれど、 人となりがわかるシーンは今回15話が初めての秀吉。

 

秀吉の印象を
景勝:「ただの騒々しい親父であった」
きり:「あれが天下人?どこにでもいそうな人だけど」
信繁:「あんな人は見たことがない」

 

と評していましたが距離や立場などで印象が変わる万華鏡の様な人物?信繁は早めに気がついて良かったですね、秀吉の怖い面。 秀吉のお気に入りになったからって油断できないと気がついた。 真田家の今後の事もありますからね。

 

茶々は無邪気な魔性の女?

 

茶々(女優:竹内結子さん)は初登場で信繁のほっぺを両手で掴んで、 茶々:「好みのタイプ♪」 と言っていたけれど、カルタ遊びの時には秀吉の警護の若者とアイコンタクト。

 

豊臣秀吉はその事に気づき、それまでの笑顔とはうって変わって恐ろしい目で見ていましたね。

 

信繁も気をつけねばと思ったはず(笑)
 

ネットではあの警護の若者(立花権三:俳優は吉田ボイスさん)は次回はどうなってしまうのでしょうか?急にいなくなりそうで怖いw

 

私は秀吉の残虐な面は老化によって顕著になってきたと思っているので、 今はまだ亡き者にされるまではいかないと思っているのですがどうでしょうか?

 

今回の15話では、秀吉と千利休(俳優:桂文枝さん)の関係も見てて面白かったです。見ての感想ですが、 秀吉は人たらしと言われ、人の気持ちを掴む、人に気持ちを察するのは天才的だと思いますが、 さらに利休に景勝の事を聞いて確認していたという事でしょうか。

 

秀吉が持っていて、他の人にはめったにない能力を利休は持っていた。 だから利休は重用された。 面白い視点だと思います。

 

だからお互い察して、反目しあうのも早そうですが( ̄◇ ̄;)

 

有働さんのナレ死。
有働さんのナレ死も凄かったですね。
豊臣秀次と小早川秀秋。
前途ある若者を初登場でナレ死してましたね(笑)

 

ナレ死をご存知ない方はこちらをご覧下さい。

⇒ 「ナレ死」とは?

 

豊臣秀次のイメージ、私的にはぴったりです。 後年、30人以上の側室を持つ恋多き人。 政略結婚でない側室も沢山おられたみたいですし、 恋や華の朝廷・公家文化とも深く関わっていた人ですし。演じるのはミュージカル俳優の新納慎也さん。

 

秀次は無邪気な笑顔をきりに見せていましたが、 これからきりにモーションかける、 そういうやりとりがあるのでしょうか?

 

あ、秀吉。
じわじわ怖い秀吉でしたが、ひとつ良い点を見つけております。 「女性に無理強い」をしてない事。

 

吉野太夫(キャスト:中島亜梨沙さん)にも茶々にも。

 

権力でなんとでもなるのに無理強いしていない。

 

それは女性視点で高評価です(笑)

 

今までの経験で人に無理強いしても意味がないとわかっているのかな。 上杉景勝にも真田昌幸にも徳川家康にも上洛をすすめ、相手の出方を見ている。 出来れば争いたくない。 天正13年(1585年)時点での秀吉はそういう懐の深さがあると思います。

 

信繁は秀吉が段々変質していくのを側で見るのかな?
やだ、怖い・・Σ( ̄◇ ̄;)

 

真田丸では「白と黒」「祝いと呪い」「ハレと穢れ」みたいに両極端を対比して見せてきているので、 けして暗い部分だけ増長される事はないと思いますが、

 

私は華やかな豊臣政権下で信繁が幸福に暮らして、 それが秀吉への恩となり、豊臣に味方するきっかけになると思っていましたが、この秀吉では一筋縄ではいかなそうですね。豊臣政権下でも「華やかと暗さ」など対比して行くのでしょうか。

 

秀吉の時代、絢爛豪華な桃山文化は素敵なんですよね♪

 

⇒ 茶々の衣装綺麗!華やかな秀吉の桃山文化

 

さて、信濃の上田城。

 

相変わらず兄・信幸は苦悩していますね(笑)
作兵衛とすえちゃんは元気そうでなにより。
(でもすえちゃんに乳を吸わせるのはや・め・て!笑)
出浦様と佐助も前向きに修行に取り組んでいてなにより。 父・昌幸と母・薫も仲良さそうでなにより♪

 

真田家の素っ破、
↓出浦昌相さまと佐助の活躍をまとめてます

⇒ かっこいい!出浦昌相様。

⇒ 【続】やっぱりかっこいい!出浦昌相様

⇒ 佐助の活躍

 

パッパ昌幸の子供を見ての感想、子供をちゃんと見ていますね。 源三郎信幸は平時で輝く人物、源次郎信繁(将来の真田幸村)は乱世の申し子。 信幸と信繁は仲良い兄弟ですが、人生は対極と言って良いぐらい違ってきますので、 そこがまた物語として重要なポイントですので、今後三谷さんがどう描かれるか楽しみなところです。

 

上杉景勝様(俳優:遠藤憲一さん)は今回もまた苦悩されてましたね。上杉謙信の上杉家が農民出身の秀吉の臣下に下る苦悩。
真田に味方出来なくなり信繁に対して申し訳ない気持ちで一杯な景勝さま。 豊臣の臣下に下る苦悩より、信繁に対する苦悩の方が大きかった感じ?w ピュア、大天使景勝様、あんまり悩まないで~(>_<。)

 

⇒ 天使、上杉景勝の涙

真田家に味方禁止を秀吉に命じられた時、セコム直江(キャスト:村上新悟さん)もちょっと動揺していたのは嬉しかったw

 

最後に一言。
↓私らぶりぃのツィートです。

きりちゃんマジ最強だぁ。
真田丸ファンの方、良かったらフォロワーになって下さいヾ(o゚ω゚o)ノ゙

 
真田丸第15話「秀吉」の感想。 お読みいただきありがとうございました(*´∀`)
真田丸第16話「表裏」の感想もよろしくお願いします♪

 

真田家、豊臣家、上杉家・・好きな家に侍女として仕えるゲームはいかがですか?ネットで話題になっています!

⇒ 【真田丸ゲーム】ときめきサナダマルにときめく♪

⇒ 真田丸登場人物&キャスト紹介

 

こちらの記事もよく読まれています:


スポンサーリンク

記事下の紹介

関東勢百万と候え、男はひとりもなく候Tシャツ

真田幸村が伊達政宗の軍に放った言葉「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候(徳川兵に真の武士は1人もおらんのか~!)」と書かれたTシャツをご紹介!

⇒ 真田丸Tシャツ♪

真田丸を見逃した方必見

見逃した回やもう一度初めから真田丸を見たい方に便利にお得に再視聴出来る方法やおススメのサービスをご案内(・▽・*)

⇒ 真田丸をもう一度見る♪

-真田丸感想