【ネタバレあり】登場人物紹介

秀吉の妹・旭、家康の2人目の正室に

2016/11/08



真田丸17話「再会」に秀吉の妹、旭(あさひ)が登場。清水ミチコさんの顔芸、怪演に視聴者騒然(笑)短い登場ながらインパクト強烈でした(*´ω`*) 旭姫は豊臣秀吉の母、大政所なかと義父の間に生まれた妹です。

 

秀吉には他に同じく父が違う弟・豊臣秀長。
それと姉がいます。姉は豊臣秀次の母にあたります。

インパクトあるお顔~(笑)
秀吉の実の妹である旭。キャストはお笑い芸人の清水ミチコさん。さすが顔芸の達人です。ほぼしゃべらず、登場時間も短いのにネット上では真田丸の旭姫、清水ミチコさんの話題で持ちきりでした。

 

旭(あさひ)は秀吉の妹ですからそんなに若くないお歳。でも故あって三河の戦国大名、徳川家康に正室として嫁ぐことになりました。初登場で既に結婚5ヶ月、いつの間にか浜松城に暮らしていたのはびっくりしましたが(笑)

 

え、家康それまで独身だったの?
いやいや、正室はいなくても、側室は真田丸で登場する阿茶局(俳優:斉藤由貴さん)以外にも沢山います。 家康は後家好きと言われています。阿茶局もそうですし、秀忠の生母・西郷局、茶阿局などなど・・実の生母於大の方と幼い頃に生き別れたのでマザコンなのかもしれません。

 

しかし正室は天正14年の時点でおりませんでした。
家康はそれ以前に正室と嫡男を亡くしているのです。

 

最初の正室はどんな方だったのでしょう?
嫡男はどんな人物だったのでしょうか?

 

【最初の正室・築山殿】
今川の姫で、守護大名今川義元の姪といわれています。名前は鶴姫。今川の人質であった家康は築山殿を娶り、家康は今川家の親族となります。二人の間には嫡男・信康と亀姫が出来ます。
しかし1560年、桶狭間の戦いにて今川義元が織田軍に討たれ、今川家は衰退していきます。家康は岡崎に帰還し独立、織田信長と清洲同盟を結び、今川の姫である築山殿は半幽閉の生活を送ることとなりました。

 

【嫡男・信康】
「信康」。信長と家康から一時ずつ貰った名前ですね。
正室も織田信長の娘・徳姫を娶り、順風満帆な人生がおくれるはずだったのに・・。
12歳で岡崎城主。14歳で初陣を果たし、長篠の戦いなどいくつかの戦いで軍功を上げた優秀な息子だったそう。
信長は自分の嫡男・信忠より、家康の嫡男・信康の方が優秀で、警戒したという話があります。

 

【突然の悲劇】
☆1579年築山殿は家臣の手にかかりこの世を去ります。
☆信康も家康の命により自刃。享年21歳。

 

【理由は諸説あります】
一番有名なのは信康の正室・徳姫が、築山殿と信康が武田と密通しているという書状を父・織田信長に書き、激怒した信長が二人の処罰を家康に求めたという説。

 

実際、築山殿と信康が武田と内通していたという話もあります。今川の血を引いているのですから、今川を破った織田と仲良く出来ないのはわかる気がします。

 

 

ちなみに家康のもとから突然出奔した石川数正は、信康の後見人であり岡崎城の城代でした。信康が亡くなり、岡崎城の家臣と家康の居城である浜松城の家臣の対立も 石川数正出奔の原因のひとつにあげられるようです。

 

服部半蔵も信康の介錯を命じられた時、介錯する事が出来ず、涙を流し、役目を替わって貰ったというエピソードがあります。

 

家康くんは「徳川家」が生き残るために苦渋の選択をしたのですね。

 

築山殿と信康が亡くなってからおよそ7年。
秀吉との和睦の為、秀吉の妹・旭との政略結婚が決まります。

 

43歳の新郎&新婦。

 

本当は家康くんは2度と正室は迎える気はなかったのではないでしょうか?

 

旭も気の毒です、この政略結婚によりそれまで仲むつまじく暮らしていた夫と離縁させられました。秀吉も酷いことをしたものです。真田丸の旭、一度も笑う事がなかったですね。(笑っているとご本人はおっしゃってた様ですが、笑)

 

ここにも秀吉が出世したことによって不幸になった人が。

 

旭は婚姻から4年ほどで亡くなってしまいます。 可哀想ですね。

 

しかし、家康は旭を大事にしていた様です。亡くなったあとも手厚く供養しています。真田家のライバルの家康くんはそういう優しいところもある人物ですね。

 

旭(清水ミチコさん)は天下人秀吉の妹、
そしてのちの征夷大将軍になる家康の正妻。

 

日本史上でも有数のファーストレディのはずなのに。

 

史実では旭の人となりがわかるエピソードもないし、幸せの軌跡も少しも感じられない。寂しいイメージをどうしても持ってしまう旭姫ですね。

 

真田丸の旭、清水ミチコさんの旭で少しでもイメージが変わったらと思います。

関連記事

⇒ 真田丸登場人物&キャスト紹介

⇒ 家康と正信のボケっぷりに歓喜

お読み頂きありがとうございました

こちらの記事もよく読まれています:


スポンサーリンク

記事下の紹介

関東勢百万と候え、男はひとりもなく候Tシャツ

真田幸村が伊達政宗の軍に放った言葉「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候(徳川兵に真の武士は1人もおらんのか~!)」と書かれたTシャツをご紹介!

⇒ 真田丸Tシャツ♪

真田丸を見逃した方必見

見逃した回やもう一度初めから真田丸を見たい方に便利にお得に再視聴出来る方法やおススメのサービスをご案内(・▽・*)

⇒ 真田丸をもう一度見る♪

-【ネタバレあり】登場人物紹介