歴女日々ブログ♪

石田三成と大谷吉継の最後



追悼・石田三成と大谷吉継。

 

「超高速・関が原の戦い」で戦いの様子が一切なかった真田丸。ただただ石田三成(キャスト:山本耕史さん)と大谷吉継(キャスト:片岡愛之助さん)の最後のシーンが美しく・・永遠に・・

 

大谷吉継:

「治部(三成)、楽しかったぞ・・」


最後に微笑む石田三成

そっか、大谷刑部の声が聞こえたのね・・

 

石田三成と大谷吉継、二人の友情が最後まで壊れなくて良かった

 

三成が家康に勝てないことを確信していた大谷形部。自分が三成につくことにより、わずかでも勝利の可能性が出る事に掛けた?


三成を助けるため懸命に全国の大名たちに手紙を書く大谷吉継。病のためにもう筆が上手く握れない・・目に涙を溜めて感謝し代筆する石田三成。

【信繁と三成と吉継】
豐臣政権では真田丸の主人公・真田信繁はいつの間にか三成と吉継のお手伝いをする役目に。二人に気に入られ、熱い絆の二人の間にすんなり溶け込んだ信繁。

 

信繁自身、有能なこの二人に興味を持ちどんどん豊臣政権の中枢に入っていった気がします・・「信繁、豊臣に関わりすぎ~!」そう思っていたのは私だけで無いはず。


豊臣のためダークサイドな案件にも力を合わせて解決していった3人


豊臣政権下の真田丸では石田三成より明らかに大谷吉継さんが黒幕、リーダーに見えましたね(笑)石田三成が純粋で真っ直ぐで悪事が苦手。

 

三成は若い頃から苦難の道を歩いてきた徳川家康に対抗出来る人では無かった。「手を汚す覚悟は出来ているか?」吉継は三成に何度も聞いていましたね。そして最後まで手を汚すことの無かった三成。

 

⇒ 石田三成は何も悪く無かった

 

出来なかったから三成なんだ。

 

今は出来なくて良かったと私は思っています。きっと大谷刑部も三成自身もそう思っているはず・・満足して逝った。。

 

【信繁への遺言】
関が原の戦いで敗れ、先に逝ってしまった石田三成と大谷吉継。信繁にどの様な遺言を残したのでしょうか?

大谷吉継は義理の息子となった信繁に、何も強制しませんでした「己が正しいと思う道を行けばよい。それが、真田左衛門佐(信繁)の進むべき道じゃ!」強く信繁にエールを送る。

 

一方、石田三成は超シンプルに笑顔で
「今生の別れだ!」


三成も信繁を縛らなかった。今までの感謝と信繁の今後を祈るような笑顔の別れ「GOOD LUCK!」

 

笑顔で逝ったふたりは信繁にも自分の思った通り自由に生きろと言った・・ 自分の生き方に満足したものは最後も満足げに逝くんだ・・

 

確信したのですが・・

 

皆さんもそう思われると思いますが

信繁の最後も笑顔だ きっと・・

 


真田丸に石田三成と大谷吉継がもう出ないなんて寂しいですね(´;ω;`)

石田三成役の山本耕史さん、大谷吉継役の片岡愛之助さん最後までお疲れ様でした。お二人の演技はずっと私の心に残っています!大谷吉継の最後を見届けた湯浅五助役の片岡愛一郎さんもお疲れ様でした。

最後までお読み頂きありがとうございました

関連記事

⇒ 真田丸登場人物&キャスト紹介

⇒ 湯浅五助役は片岡愛一郎さん

こちらの記事もよく読まれています:


スポンサーリンク

記事下の紹介

関東勢百万と候え、男はひとりもなく候Tシャツ

真田幸村が伊達政宗の軍に放った言葉「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候(徳川兵に真の武士は1人もおらんのか~!)」と書かれたTシャツをご紹介!

⇒ 真田丸Tシャツ♪

真田丸を見逃した方必見

見逃した回やもう一度初めから真田丸を見たい方に便利にお得に再視聴出来る方法やおススメのサービスをご案内(・▽・*)

⇒ 真田丸をもう一度見る♪

-歴女日々ブログ♪