あらすじダイジェスト

真田丸あらすじ~第26話から第30話まで~

2016/11/28



大河ドラマ真田丸第26話から第30話まで♪各話の簡単なあらすじです!本編を見られる前に、また見られた後でも過去の話を思い出して頂けたら幸いです(・∀・)※ここでは俳優さんのお名前は敬称略させて頂いています。

 

【第26話「瓜売」のあらすじ】

秀吉(俳優:小日向文世)は関白の座を秀次(俳優:新納慎也)に譲り、太閤となる。そして朝鮮と明に攻め込む唐入りを計画、備前に名護屋城を作り大名たちは朝鮮に進軍する準備をする。

 

加藤清正(俳優:新井浩文)が朝鮮で苦戦する一方、秀吉の主催で仮装大会が行われる。昌幸(俳優:草刈正雄)、徳川家康(俳優:内野聖陽)、片桐且元(俳優:小林隆)ら大名はそれぞれ思い思いの仮装をするが・・。

 

そして上田城ではばば様とり(女優:草笛光子)が最後の時を迎える。上田に真田一族が集合する。叔父上信尹(俳優:栗原英雄)も松(女優:木村佳乃)も茂誠(俳優:高木渉)もすえも・・
◆真田丸らぶりぃ通信◆ 第26話「瓜売」感想はこちら(*´∀`)

 

【第27話「不信」のあらすじ】

豊臣秀吉(俳優:小日向文世)と茶々(女優:竹内結子)にふたたび男子が誕生した。のちの豊臣秀頼(俳優:中川大志)である。

 

秀吉の後を継ぎ関白となっていた豊臣秀次(俳優:新納慎也)は不安にさいなまれる。信繁(俳優:堺雅人)は秀次の側付きとなる。

 

秀次は吉野の花見で能を舞い秀吉の機嫌を取ろうとするが・・。

 

一方、秀吉は信繁に官位を授けようとする。信繁は兄の信幸(俳優:大泉洋)にも官位をと願いでる。官位を授かることがきまり、喜ぶ信幸だが、弟の仲介だと知り激しく怒る。

◆真田丸らぶりぃ通信◆ 第27話「不信」感想はこちら(*´∀`)

 

【第28話「受難」のあらすじ】

関白の豊臣秀次(俳優:新納慎也)が聚楽第からいきなりの出奔。京の真田邸に隠れひそむ。

いっぽう、源次郎信繁(俳優:堺雅人)は秀吉から大谷吉継(俳優:片岡愛之助)の娘の春(女優:松岡茉優)との結婚を命じられる。秀次は豊臣秀吉(俳優:小日向文世)の怒りを恐れ、真田邸から真田信幸(俳優:大泉洋)をともない高野山へ向かう。

 

信繁は秀次の娘たか(女優:岸井ゆきの)の命を救うために堺の豪商、呂宋助左衛門(るそんすけざえもん、俳優:松本幸四郎)に助けを求める。

◆真田丸らぶりぃ通信◆ 第28話「受難」 感想はこちら(*´∀`)

 

【第29話「異変」のあらすじ】

真田信繁(俳優:堺雅人)は豊臣秀吉(俳優:小日向文世)から直々に薦められ、大谷吉継(俳優:片岡愛之助)の娘、春(女優:松岡茉優)と祝言をあげる。

 

兄の真田信幸(俳優:大泉洋)は伏見城の普請を父、真田昌幸(俳優:草刈正雄)の代わりに受け持っていたが、 うまく進まない。

 

きり(女優:長澤まさみ)は豊臣秀次を亡くし、また信繁が正室を迎えたことで悲しみにくれていたが、明智光秀の娘、細川ガラシャ(女優:橋本マナミ)と出会い、キリスト教に興味を持つようになる。 そして天下人秀吉に老いが忍び寄ってくる。

◆真田丸らぶりぃ通信◆ 第29話「異変」 感想はこちら(*´∀`)

 

【第30話「黄昏」のあらすじ】

慶長伏見地震がおこり、完成直前の伏見城は倒壊、普請を命じられていた昌幸(キャスト:草刈正雄)は生きがいをなくしてしまう。加藤清正(キャスト:新井浩文)は大坂から真っ先に伏見に救援にたどり着く。

 

豊臣秀吉(キャスト:小日向文世)は再び唐入りの準備とバテレンへの弾圧を強める。きり(キャスト:長澤まさみ)が親しくなった細川ガラシャ(キャスト:橋本マナミ)達キリシタンに困難がおとづれる。

 

秀吉の嫡男、豊臣秀頼の元服がわずか5歳で行われる。秀吉の老いが進み、徳川家康(キャスト:内野聖陽)や他の大名達に混乱を巻き起こす。

 

京の醍醐寺で秀吉と秀頼、正室の寧(キャスト:鈴木京香)、茶々(キャスト:竹内結子)や側室たち、家康の側室・阿茶局(キャスト:斉藤由貴さん)が揃い華やかな花見の宴が催されるが・・。

◆真田丸らぶりぃ通信◆ 第30話 感想はこちら(*´∀`)

 

↓よろしければこちらもご覧下さい。

真田丸あらすじ~第1話から第5話まで~

真田丸あらすじ~第6話から第10話まで~

真田丸あらすじ~第11話から第15話まで~

真田丸あらすじ~第16話から第20話まで~

真田丸あらすじ~第21話から第25話まで~

↓ネットでの真田丸の評判・丸絵はこちらへ

真田丸どうでしょうが面白すぎる

真田丸どうでしょう1話のまとめ

 

こちらの記事もよく読まれています:


スポンサーリンク

記事下の紹介

関東勢百万と候え、男はひとりもなく候Tシャツ

真田幸村が伊達政宗の軍に放った言葉「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候(徳川兵に真の武士は1人もおらんのか~!)」と書かれたTシャツをご紹介!

⇒ 真田丸Tシャツ♪

真田丸を見逃した方必見

見逃した回やもう一度初めから真田丸を見たい方に便利にお得に再視聴出来る方法やおススメのサービスをご案内(・▽・*)

⇒ 真田丸をもう一度見る♪

-あらすじダイジェスト