真田丸感想

第3話「策略」の感想

2016/11/30



真田丸第3話「策略」の感想です!

 

今回のお話は織田の味方につく為、信濃の国人衆をまとめようとする父昌幸と、信幸・信繁兄弟の恋模様が中心のお話でした。

 

真田家の生き残りをかけて、パッパ昌幸は上杉家に密書を送ろうとしますが、同じ信濃の国人衆、室賀正武(キャスト:西村雅彦さん)が様子を伺い昌幸の策略を阻んできます。室賀さんとパッパはライバル関係にある様ですね。同じ国人衆の出浦昌相(キャスト:寺島進さん)が渋くて格好いい!

 

兄の源三郎(信幸)(キャスト:大泉洋さん)には既におこう(キャスト:長野里美さん)という妻がいて、でもなんとなくかみ合わない夫婦関係。

 

弟の源次郎(信繁)(キャスト:堺雅人さん)は堀田作兵衛の妹の梅(キャスト:黒木華さん)に片思い中で、幼馴染のきり(キャスト:長澤まさみさん)もそばにいる。

 

信幸&信繁兄弟の年齢はいくつなのか?調べてみましたが、真田丸第3話「策略」での現時点の年齢ですが、この年は武田家滅亡の年、天正10年(1582年。)です。ふたりの一番有力な生年は

 

信幸1566年生まれ
信繁1567年生まれ

 

なので2人は15~16歳あたりでしょうか。

 

今で言えば中高生、思春期、ティーンエージャー。

 

信幸&信繁兄弟を演じる、大泉洋さんと堺雅人さんはともに40代なので、15~16歳を演じるのは年齢的に苦しいでしょうが、

 

信繁役の堺さんは細身なのと、時々演技でとても幼い表情をされて、本当のティーンエージャーに見えた。中学生の大人しい男の子がほっぺ赤くして「ふふふ」なんて、ちょっとはにかんだ笑顔をするじゃないですか、あんな表情もされて。無邪気な笑顔がとても良かった。俳優さんって凄い。ナイス演技。

 

だけど、恋模様は子役の方が良かったかも知れない。ドキドキした感じは若い少年と少女の方が感じられると思うから。

 

幼馴染のきり役の長澤まさみさんもあまり初々しくなかった(ごめんなさい)嫌いじゃないけど、正直言ってこの方の演技はいつも少しふてぶてしく感じる。

 

⇒ ヒロイン「きり」は長澤まさみさん

 

信繁の初恋の相手・梅役の黒木華(くろきはる)さんは朝ドラに出演されてましたが、初々しい感じは出てたけど、印象がちょっと薄い。って私がまだ見慣れてないからかも知れませんね。堺さんや長澤さんは前からよく見知ってる俳優さんですし。

 

一方兄の信幸の方は、既におこうという妻がいて、でもなんとなくかみ合わない夫婦関係。おこうさんの父上は昌幸の兄、先代の真田家当主・真田信綱(さなだのぶつな)です。信幸とおこうはいとこ婚ですね。おこうは病弱で、信幸はおこうを気づかいますが 「私のことなどかまわず、嫡男に恥じず良いお働きを~」が口ぐせ?

 

おこう役の長野里美さんが病でやつれた役なのか、年上女房だからなのか、信幸・おこう夫婦は中年夫婦みたいな感じにうつります。長野里美さん、どんな方?おいくつ?かと調べたら、鴻上尚史さん率いる第三舞台出身の女優さん。現在54歳だそうΣいや・・お若い!54歳には見えません。

 

見えませんですが、こちら信幸・おこう夫婦も若い少年、少女夫婦で見たかった気が。

 

 

さて、今回のお話ですが、兄・源次郎信幸の気になった点の感想を。

 

信幸は父を尊敬し、崇拝していますが、どうにも父昌幸の考えが読めない。くそまじめな信幸は父とは経験も性格も違う。

 

将棋の飛車の様に思考が飛んでいく、昌幸の思考が読めず苦悩します。また父・昌幸は信幸のまじめさをいわば利用して、今回信濃の他の国人衆を騙す道具に使いました。

 

真田家の嫡男として奮闘する信幸。父や妻や身内や廻りの人々に誠実に接しているにもかかわらず、なにかと傷つく信幸。大変そうです。

 
大変そうなのですが、 役者大泉洋さんの良さを出すにはなかなか難しい役柄ですね。いつも我慢してる、耐えてるでは・・私が大泉洋さんにはコミカルな演技を求めてるからかも知れませんが(笑)これから大泉洋さんの持ち味が出たシーンを期待したいです♪

 

前からの大泉洋ファンからは「水曜どうでしょう」とかぶるとツイッターで#真田丸どうでしょうがはやっております。確かにそれは笑えるけどw

 

早く小松姫(稲)との夫婦漫才が見たいな~と期待してしまうところです。稲役は女優の吉田羊に決まっています。舅になる本田忠勝(キャスト:藤岡弘、さん)もなかなかユニークな役柄な様ですので、舅&婿のやりとりも楽しみです。

コミカルといえば、
真田丸で信繁の最大の敵となる徳川家康(キャスト:内野聖陽さん)はコミカルです。後ろからコミカルな音楽まで聞こえてきそうです。前回の側室阿茶の局(キャスト:斉藤由貴さん)とのやりとりも楽しかった。年齢で言えばい家康くん武田家滅亡の時期で現在40歳ぐらいですね。

 

ちょっと小心者で、今はまだ信長の顔色を伺う信長の同盟者に過ぎませんが、今後どのようにたぬき親父とも言われる、徳川家康に変貌していくのか。家康の成長も楽しみです。
姉松(キャスト:木村佳乃さん)の夫である小山田茂誠さんの落ち武者。そして家康くんとの高遠城での出会い、面白すぎましたw

 

 

真田丸第3話「策略」の感想。 お読みいただきありがとうございました(*´∀`)
真田丸第4話「挑戦」感想もよろしくお願いします♪

 

視聴率も好調な滑り出しなようですね!

⇒ 視聴率速報まとめと推移

⇒ 落ち武者、茂誠(しげまさ)ツイートで大人気

⇒ 真田丸登場人物&キャスト紹介

こちらの記事もよく読まれています:


スポンサーリンク

記事下の紹介

関東勢百万と候え、男はひとりもなく候Tシャツ

真田幸村が伊達政宗の軍に放った言葉「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候(徳川兵に真の武士は1人もおらんのか~!)」と書かれたTシャツをご紹介!

⇒ 真田丸Tシャツ♪

真田丸を見逃した方必見

見逃した回やもう一度初めから真田丸を見たい方に便利にお得に再視聴出来る方法やおススメのサービスをご案内(・▽・*)

⇒ 真田丸をもう一度見る♪

-真田丸感想