真田丸感想

第2話「決断」の感想

2016/11/28



NHK大河ドラマ真田丸第2話「決断」の感想です( ' - ' *)

 

真田丸は戦国のホームドラマの要素があるというけれど、 現代のホームドラマじゃないので。

 

現代のホームドラマなら 「ねーねー、お隣の沢田さんの××くん、ひきこもりになっちゃったんだって」とか 「向かいの吉村さんの旦那さん、左遷されそうなんだって」とかそういう会話なのですが、

 

戦国時代のホームドラマはお隣の木曽さん家の息子さんとお嬢さんが、お父さんが逃げちゃったので責任とって酷くも はりつけなのです。。母上、人ごとにはとても思えないご様子。

 

戦国家族は大変です。

 

⇒ 真田家はホームドラマみたいな感じ?

 

武田家の人質であった源三郎(信幸)と源次郎(信繁)兄弟(俳優:大泉洋さん、堺雅人さん)と 母(女優:高畑淳子さん)、ばば様のとり(女優:草笛光子さん)、姉上(女優:木村佳乃さん)は、 お館様の許しを得て父の待つ岩櫃城(いわびつじょう)を目指しますが・・

 

戦国ホームドラマ真田家では、帰る途中、野盗と武将に襲われます。 武将は姉の松の知り合いで、松の夫・小山田茂誠(おやまだしげまさ)と同じ一族のもので・・ 最初は信用させ、だまし人質にする。 知り合いなのに~小山田八左衛門(おやまだはちざえもん)ひどいぞ~!

 

現代では会社内で派閥抗争がおころうと、 お父さん同士が争おうと、家族にはなんの痛みもないですが、

 

戦国では剣や矢で家族が襲われるのである。

 

信幸・信繁兄弟は母、姉、ばばさまを守るため必死に戦います。

 

真田家一家は農民姿で戦闘もおぼつかない。武将率いる兵士達はみな武装していて、 どうみても武将達のほうが強く見える・・ 善戦しているのがちょっと違和感がありました( ̄◇ ̄;)

 

ピンチに父、昌幸登場。

 

父・昌幸「迎えに参ったぞ!」

 

かっこいい!!戦国の父は強い武将なのだ。 騙して連れて行こうとした敵武将を追い払う。

 

母・薫「殿ぉ~~!」

 

父に抱きつく、母・薫。 抱き寄せる父が妙にかっこよく色気があります。さすが草刈昌幸(*/▽\*)きゃ  母役の女優高畑淳子さん、ちょっと役得な顔してません?(笑)

 

⇒ 信繁と信幸の母。高畑淳子さん

 

真田一家は無事岩櫃城(いわびつじょう)に到着しますが、 これからどうするか考えなければいけません。

 

一方お館様、武田勝頼(キャスト:平岳大さん)は家臣に裏切られ、織田の大軍に追い詰められ、最後の時を迎えます( ;∀;)

 

勝頼:「父上・・もうしわけございませぬ!!」

 

その時、馬のいななきとひずめの音が。 父、武田信玄(亡霊)登場。

 

勝頼:「父上・・!なにかおおせ下さりませ」

 

「・・・」無言の信玄。

 

勝頼:「・・今からそちらにまいります」

 

勝頼:「四郎をたっぷり叱って下されませ・・ぐふぅ!」

 

勝頼さま自刃。 あ、信玄は勝頼を助けにきたわけじゃないのね( ̄◇ ̄;)

 

その後、一緒に冥土に旅立ったと思ったら、そうでなく、 その足(?)で真田昌幸の下へ信玄公登場。

 

昌幸:「お館さま・・・」
信玄公:「・・・」
またもや信玄公無言。そして消える。

 

昌幸:「お館さま・・わしに何を託そうと?」

 

信幸・信繁兄弟の父、昌幸はこれからの方向を考えなければなりません。決断しなければなりません。

 

ここで天才武将、謀将と云われる真田昌幸の本領発揮です。 源三郎信幸・源次郎信繁ら息子達と家族会議です。これからどうするのか。 どこにつくのか。 とうてい父、昌幸の考えに及ばない信幸・信繁兄弟ですが、 ところどころ、弟信繁と父昌幸の考えが一致します。

 

それは未来を暗示している様ですし、 信繁に父と同じような才能のきらめきがあるのを、 脚本家三谷さんがみせているのかもしれません。 ただ単に父を崇拝して考えに沿っているだけかも知れませんが(笑)

 

武田家が滅亡後し、 真田家は主家がなくなりました。迫りくる織田軍と織田信長(キャスト:吉田鋼太郎さん)。真田の廻りには北条家の北条氏政(キャスト:高嶋政伸さん)、上杉家の上杉景勝(キャスト:遠藤憲一さん)、徳川家の徳川家康(キャスト:内野聖陽さん)と大名達が領地を囲んでいる。

 

さて今後どうするのでしょう? 心配であり、楽しみですね!

真田丸第2話「決断」の感想。お読みいただきありがとうございました(*´∀`)

⇒  真田丸第3話「策略」感想 もよろしく お願いします♪

 

関連記事

⇒ 真田丸登場人物&キャスト紹介

⇒ 真田丸、父昌幸は草刈正雄さん

⇒ 武田勝頼役の平岳大さん、結婚は?それと次の配役がすごい

こちらの記事もよく読まれています:


スポンサーリンク

記事下の紹介

関東勢百万と候え、男はひとりもなく候Tシャツ

真田幸村が伊達政宗の軍に放った言葉「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候(徳川兵に真の武士は1人もおらんのか~!)」と書かれたTシャツをご紹介!

⇒ 真田丸Tシャツ♪

真田丸を見逃した方必見

見逃した回やもう一度初めから真田丸を見たい方に便利にお得に再視聴出来る方法やおススメのサービスをご案内(・▽・*)

⇒ 真田丸をもう一度見る♪

-真田丸感想