【ネタバレあり】登場人物紹介

きりが最期に想うことは?



きりちゃん良かったね・・感動的だった49話の最後。きりを抱きしめる幸村に「遅い。」と言ったきり。最終話は幸村ときりの最期になるの?( ;∀;)

きりと幸村が遂に

真田丸49話「前夜」にて。最後のシーンで初めてきりちゃんが真田幸村(信繁)の胸に抱かれました。きり役は長澤まさみさん、幸村役は堺雅人さん。

きり:「遅い。」

幸村:「すまぬ」

 

熱い抱擁とキス。キスしながら話すきり「せめて10年前にフガ・・あのころが私、一番綺麗だったんですから!」ふががってなっているちょっと可笑しいキス。

49話の視聴は後藤又兵衛や木村重成、塙 団右衛門らが戦場で相次いで亡くなり、ショック状態・・春達が伊達政宗の庇護を受けるなど良いこともありながらも

 

突然のきりと幸村の抱擁シーンに嬉しくて思わずニッコリしながらも、でも切なさと悲しみも残っていて半笑い、半泣きの涙での視聴となりました。

 

ネットではきりちゃん同様、信繁遅い!のコメントが多くありました(苦笑)ほんと、信繁酷いわwずっとずっときりちゃん側にいたのに。受け止めてあげるの遅いわ~!(また泣き笑い・・)

 

幸村に突然抱きしめられて「え・・ちょっと何するんですか・・。」と喧嘩ごしのきりちゃんにも笑いました。幸村に抱きしめられることにも、優しくされることに慣れていない。ずっと喧嘩友達みたいだったから。

 

きりちゃんの冒険もそろそろ終わり


真田丸第1回は天正10年(1582年)からスタートしました。そして最後の大坂夏の陣は慶長20年(1615年)。きりちゃんは真田幸村(信繁)と一緒に30年以上も歩んできました。

 

ローティーンの頃は真田家のゴットマザー、おばば様にさえ楯突く生意気さに視聴者からは「ウザい」「嫌い」「うっとうしい」と言われ、しかしその後の信繁への一途な気持ちや、本音で話す正直さにうたれ、徐々にうざいから「ウザ可愛い」に変化していったネットでのきりちゃんの評価。最後のあたりは「いとおしい」とさえ言われ。

 

これって幸村がきりを抱きしめた気持ちと同じですよね、きっと(・∀・)!

 

途中からは「きりは本当に信繁と結婚するの?」と心配され、このらぶりぃ通信でも年間でベスト5に入るほどの人気記事となりました(ありがとうございます!)

 

ああ、みんなきりちゃんが心配なんだなぁと思ってた私。で「きりと信繁結婚!」記事もそうなったら即行書こう!とスタンバってましたが、とうとう書けず仕舞い?

 

・・残念です(;´∀`)

 

私自身業を煮やして、続編的な記事を書きました(苦笑)脚本家の三谷幸喜さん、ふたりの結婚ずっと待ってましたよw

⇒ きりは本当に信繁と結婚するの?

⇒ きり、春にまで「うっとうしい」言われる

⇒ きりの結婚はいつ?

 

九度山から大坂城に入城する時にはきりの言葉が信繁(幸村)を後押ししました

⇒ きり、信繁を叱咤激励する

 

そしてきりちゃんの源次郎さまと歩んだ冒険もそろそろ終わりに・・

 

きりに残された最後の使命

きりは幸村に最後の使命を託されてます。

 

「お前はいざとなったら千姫様をお連れし秀忠の陣へ行け」と。千姫は豊臣秀頼の正室で徳川秀忠の娘、家康の孫。混乱する大坂城から脱出させるなんて至難の業。

 

史実では徳川方の武将・坂崎直盛が救出したと伝わりますが、きりはどうやって千姫を脱出させるのでしょうか?無事成功出来るのでしょうか?

 

あ、でも今まできりちゃんが冒険で培ってきたスキル発動で何とかなるかも?「となりの室賀村との争い」「おばば様と人質」「第一次上田合戦」「豊臣秀次事件回避」「細川ガラシャ邸潜入」「カルバリン砲回避」思えば色んな事がありました。

 

私たちは同じ日に

以前、茶々が幸村(信繁)に言った言葉「私たちは同じ日に・・」というセリフ覚えていらっしゃいますか?

 

魔性の女?ファム・ファタール?大坂城の女主(おんなあるじ)茶々は魅力的な女性ですが、幸村を滅びへと導く人でもあります。史実では幸村が5月7日に、翌日の5月8日に茶々が息子の秀頼と共に大坂城で亡くなり一日違いとなります。


まだ豊臣秀吉存命の頃、「私たちは同じ日に・・」と茶々が言った日。幸村(信繁)が茶々に貰った山吹の花をきりちゃんが食べちゃって、「同じ日」は回避されたとネット上で話題になりました(笑)


まぁ、きりちゃんなら最終話それにプラスして、幸村と茶々二人のいい雰囲気も回避、 「足つったーー!!」ぐらいの勢いで二人の間に倒れ込んで欲しいなと思います(・▽・*)ププ

 

きりが最期に想うことは?

きりは真田幸村と同じく、最終回で最期を迎えるのでしょうか?

 

千姫を徳川秀忠のもとに送り届けたら、ここ大坂城に戻ると言っていましたね。こうなったらお上様(茶々)とご一緒しますよ最期までと。

 

「源次郎様がいない世にいてもつまらないから」と言ったきりちゃん(号泣)

 


最期にきりが想うことは?最期はどのような結末を迎えるのでしょうか?

 

また追記させて頂きますね。

 

こちらの記事もよく読まれています:


スポンサーリンク

記事下の紹介

関東勢百万と候え、男はひとりもなく候Tシャツ

真田幸村が伊達政宗の軍に放った言葉「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候(徳川兵に真の武士は1人もおらんのか~!)」と書かれたTシャツをご紹介!

⇒ 真田丸Tシャツ♪

真田丸を見逃した方必見

見逃した回やもう一度初めから真田丸を見たい方に便利にお得に再視聴出来る方法やおススメのサービスをご案内(・▽・*)

⇒ 真田丸をもう一度見る♪

-【ネタバレあり】登場人物紹介