キャスト紹介

茶々役の竹内結子さん

2016/09/08



豊臣秀吉の最愛の側室となる茶々(ちゃちゃ)。
秀吉の後継者、豊臣秀頼を産みます。
秀頼と共に信繁が守るべきヒロイン・茶々。

 

秀吉から淀城(京都伏見)を賜ったので淀殿とも呼ばれます。
淀君という言い方も一般的に拡がってますが、
「君」は遊女に用いた言葉で、淀君は徳川時代の蔑称です。
うちでは使わないことにします( ' - ' *)

 

真田丸キャスト紹介。
茶々(淀殿)役は竹内結子さんです!

 

竹内結子さんは1980年4月1日生まれ、埼玉県出身。
中学卒業後、原宿でスカウトされ、
スターダストプロモーションに所属する。

 

1999年のNHK朝の連続テレビ小説「あすか」では、
宮本あすか役で初主演。

 

竹内さんのドラマ、いくつか楽しく拝見しておりました。
□「ムコ殿(2001)」ヒロイン:新井さくら役
TOKIOの長瀬智也さんがアイドルで桜庭裕一郎役で、
ヒロインさくらの家のムコになるお話。

 

□「ランチの女王(2002年)」主演:麦田なつみ役
鍋島4兄弟との恋模様や兄弟達がきりもりする洋食店を舞台に、
涙と笑いのホームコメディ。
鍋島4兄弟が堤真一さん、江口洋介さん、妻夫木聡さん、
山下智久さん、従業員山田孝之さんと豪華な顔ぶれでした。

 

□「笑顔の法則(2003年)」主演:倉沢祐美役
超人気漫画家、桜井礼次郎(阿部寛さん)と知り合い、
桜井と共に温泉旅館に同行。
温泉旅館を舞台としたハートフルコメディ。

 

どれもいいドラマでした!
竹内さんは画面を明るくしてくれますね。
竹内さん主演の楽しいホームドラマをまた見たいです。

 

他にテレビドラマでは
「不機嫌なジーン(2005年)」主演:蒼井仁子役
「薔薇のない花屋(2008年)」ヒロイン:白戸美桜役
「ダンダリン 労働基準監督官(2013年)」主演:段田凛役など。

 

作家誉田哲也さんの「姫川玲子シリーズ」原作の「ストロベリーナイト」
では主演され姫川 玲子を演じられました。
ちょっと怖い内容もある刑事ものでしたが、
とても面白い内容で、ドラマシリーズと映画化もされました。

 

主人公・姫川 玲子は過去に深い傷を持つ女性です。
しかし傷だらけでも信念を持って戦い進んで行く、
歯をくいしばり、あぶら汗を流しながら耐える姫川玲子は、
とても魅力的で震えが来るぐらい美しかった。
竹内結子さんは魅力ある主人公をみごとに演じておられました。
素敵でした。

 

映画では
「黄泉がえり(2003年)」でヒロイン橘葵役
「いま、会いにゆきます(2004年)」では主演:秋穂澪役
第28回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞受賞。
「春の雪(2005年)」でも第29回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞。
「チーム・バチスタの栄光(2008年)」では主演: 田口公子役
「はやぶさ/HAYABUSA(2011年)」主演:水沢恵役

 

三谷作品では映画「ステキな金縛り」に出演されています。

 

竹内結子さんは意外ですが真田丸が大河初出演。
それも淀(茶々)役とあって「光栄」と記者会見で話されました。
竹内さん、戦国時代とか歴史ものもあまり出演された事がないのでは?
ますます竹内さん演じる茶々に興味が出てきます。

 

茶々は秀吉の最愛の側室で、後継者豊臣秀頼の母。
淀殿・茶々が本当のヒロイン? に記載しましたが、
茶々が本当の真田丸のヒロイン?
信繁と同世代なのでもしや真田丸ではロマンスエピソードも?
若い頃、豊臣政権下で知り合い、
そして気持ちが通じ合い、大坂の陣で再会する・・
二人の交流に期待している私です( ' - ' *)

 

竹内結子さん、素敵な茶々を楽しみにしています♪

 

【真田丸キャスト紹介・プロフィール】
本名:竹内結子
生年月日:1980年(昭和55年)4月1日
出身地:埼玉県
血液型:A型
事務所:スターダストプロモーション

関連記事

⇒ 真田丸登場人物紹介

⇒ 茶々と信繁

こちらの記事もよく読まれています:


スポンサーリンク

記事下の紹介

関東勢百万と候え、男はひとりもなく候Tシャツ

真田幸村が伊達政宗の軍に放った言葉「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候(徳川兵に真の武士は1人もおらんのか~!)」と書かれたTシャツをご紹介!

⇒ 真田丸Tシャツ♪

真田丸を見逃した方必見

見逃した回やもう一度初めから真田丸を見たい方に便利にお得に再視聴出来る方法やおススメのサービスをご案内(・▽・*)

⇒ 真田丸をもう一度見る♪

-キャスト紹介