歴女日々ブログ♪

真田丸にて赤揃え対決!!

2016/12/05



大坂城にて籠城と決まり、真田幸村は豊臣秀頼の許しを得て真田丸を築城。そして幸村軍全ての兵の鎧を赤い色で塗り変え「赤備え(あかぞなえ)」仕様に。沢蟹・・仕様?w

 

そして歴史の皮肉か偶然か

 

豊臣方、徳川方、ふたつの赤揃えが対決します!

大阪方の軍議では

信繁(幸村)(キャスト:堺雅人さん)がパッパ昌幸の遺言も参考にした「幸村のうって出る作戦」。

 

幸村のうって出る作戦は「徳川の援軍が来る前に京都にいる家康を倒す」というもの。それを聞いて信繁すご~いと思った私。今川義元しかり、織田信長然り、やはり戦いはラスボス・敵大将を倒さないとね!

 

「宇治橋」「瀬田の唐橋」は古来から要の地。古くは宇治橋は平安末期の宇治川の戦いで、瀬田の唐橋は壬申の乱の戦いの舞台となっており、関が原の戦いの時に瀬田の唐橋で迎えうったら良かったのにと書きましたが、大坂の陣でもここを落とせばかなりの時間稼ぎになるはず!だったのに~

 

大坂城の軍議でものすごく揉めた末に打って出る作戦に決まり、大坂五人衆や大野治長、木村重成(キャスト:白石隼也さん)との団結も固まり、いざ!!と思ったら、茶々(淀殿)に籠城策に引っくり替えされ みんなショック・・(視聴者含む)

 


「茶々入れる」ってこれが語源?「茶々のちゃぶ台返し」など茶々への批判が色々とTwitter(ツイッター)やネット上でもささやかれておりました。「茶々これ以上ちゃちゃ入れないで!」(;・∀・)

 

とにかくみんな気を取り直し徳川迎撃に向けて一致団結せねば!

秀頼の許しを得て真田丸築城へ

殿・豊臣秀頼が真田丸築城を許してくれて良かった。秀頼(キャスト:中川大志さん)も大野治長(キャスト:今井朋彦さん)もママ達(茶々&大蔵卿局)の言いなりにならないでこれからも頑張って!!


徳川を迎え撃つ出城、真田丸は大坂城の南側に築城されます。そして 慶長19年(1614年)冬、真田丸にて戦いが起こります。そして幸村は堀田作兵衛に真田幸村軍全ての兵の鎧を赤備え(あかぞなえ)にすることを命じます。

赤備え(あかぞなえ)とは?

もともと真田家の主家・武田家が発祥とされる「赤備え」

 

⇒ 信繁、幸村と改名し赤揃えに

 

武田が滅んだ後、徳川家が武田の遺臣を引き継ぎ、赤備えも家康の寵臣・井伊直政に引き継がれます。大坂冬の陣にはもう井伊直政はこの世になく、息子の次男・井伊直孝(いいなおたか)が井伊家の大将として大坂の陣に参陣しています。

 

↓南側に特化した両軍の布陣図

1467141147

画像引用:玉造稲荷神社

 

井伊直孝の名前が南側の武将の名前の中にあるのがわかりますか?(南 という字のすぐ右です)歴史の皮肉か偶然か、井伊直孝は八丁目口の攻略を任されましたが、幸村が真田丸を築城、これにより「真田の赤備え」と「徳川の赤備え」同士の対決と相成りました。

 

赤揃え同士の対決は出城の中と外でたぶん区別されるかと思いますが、混戦になったらすごく紛らわしいですね(;・∀・)

 

真田丸では赤揃え対決がどの様に描かれるかわかりませんが、史実としては真田幸村率いる赤備えが圧倒的勝利、井伊家の赤備えは面目を失います。真田丸の戦いでは井伊直孝軍、前田利常(前田利家4男)、松平忠直(家康の孫)らの兵たち1万人以上が一日で亡くなったと伝えられています。すごい数ですね。。

 

この真田丸の戦いにより真田幸村と赤揃えの幸村軍は大勝利し「日の本一の兵」と、名声をほしいままにするのです。

 

真田幸村の赤揃え軍

真田幸村の兵は牢人の中から選ばれた名も無き人が殆どだったと思いますが、一説には堀田作兵衛の様に上田からはるばる信繁の軍に加わった人もいたとか。牢人達も上田から加わった人達も同じ赤備えを着て、勝利を得てどんなに誇らしかった事でしょうか。

 

ドラマでは堀田作兵衛(キャスト:藤本隆宏さん)、高梨内記(キャスト:中原丈雄さん)も活躍しそうですね。幸村の嫡男・真田大助(キャスト:浦上晟周さん)も初陣ですが共に頑張るのでしょうか。あ、佐助も!!(キャスト:藤井隆さん)


内記かっこいい!作兵衛が幸村のことを殿って呼んでる!!幸村が「ようやくこれで城持ちになった」ってそんな・・泣いちゃう( ;∀;)

幸村(信繁)が赤く塗った鎧を「沢蟹みたいだったな」って言うからツイッター民によってサワガニの画像が沢山貼られていましたよw


赤備え軍団だけでなく、もちろん大坂方の味方の協力なくしては勝利は得られなかったと思います。真田丸の戦い には後藤又兵衛(キャスト:哀川翔さん)、明石全登(キャスト:小林顕作さん)、長宗我部盛親(キャスト:阿南健治さん)ら大坂五人衆と豊臣の若武者木村重成が直接戦いに加わった様です。

 

大坂五人衆の1人、毛利勝永(キャスト:岡本健一さん)は北の備えを任されていたようですが大河ドラマ真田丸ではどの様になるでしょうか?ワクワクします!

 

徳川の兵の皆さんには申し訳ないですが、上田合戦の夢をもう一度、「痛快!真田丸」を楽しみたいですね!頑張れ真田幸村赤揃え!

 

徳川の井伊赤備え、いなかった(笑)

さて、大河ドラマ真田丸第45話「完封」にて真田幸村の赤備え軍は完封無きまでに徳川軍を打ちのめしました。


ドラマでは史実どおり前田利常軍、松平忠直、井伊直孝軍が幸村の誘いに乗り、真田丸を攻めに来た様子が、有働さんのナレーションでさらっと流されていましたが、あれれ・・映像をみると井伊赤備えが居ないΣ


水色の梅鉢は前田の家紋、白色の徳川の家紋は家康の孫の松平忠直軍ですね。井伊家の家紋と向かってくる井伊赤備えの兵たちがいない!

 

やはり2017年の大河ドラマ「おんな城主直虎」への配慮なんでしょうか(;・∀・)ガチの赤備え対決も話題になったかと思われますが・・

 

戦い前には井伊赤備え軍を見て幸村の「向こうにもここに至るまで物語があるのだろうな」と来年の大河へのエールのセリフがありました。

そして徳川軍のエキストラに真田家の故郷・長野県上田市の皆さんが参加されました!真田丸の撮影に参加するのが嬉しくて嬉しくて、演出さんに「笑顔はやめて下さい~」と注意を受けたそうです。上田の皆さんのお気持ち凄くよく分かります!!(笑)

真田丸に近づくの大変そうでしたね、傾斜もテレビでは伝わりにくいけれどかなりあったみたいで、ドラマ見てるとハシゴ持って登ってる徳川兵さんもいてほんとお疲れ様でしたw

 

真田丸の撮影スタッフさん達、エキストラに参加された若駒さんや上田の皆さん方のお陰で「真田丸の戦い」は迫力の映像になって存分に楽しませて頂きました。大坂城の上空から撮影した様な俯瞰(ふかん)した3D映像も迫力ありましたね!

 

本当にありがとうございました(・▽・*)

 

【関連記事】

⇒ 信繁、幸村と改名し赤揃えに

⇒ 信繁、幸村に改名し入城

⇒ 戦国無双初回特典「大河赤備え」をゲットせよ

こちらの記事もよく読まれています:


スポンサーリンク

記事下の紹介

関東勢百万と候え、男はひとりもなく候Tシャツ

真田幸村が伊達政宗の軍に放った言葉「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候(徳川兵に真の武士は1人もおらんのか~!)」と書かれたTシャツをご紹介!

⇒ 真田丸Tシャツ♪

真田丸を見逃した方必見

見逃した回やもう一度初めから真田丸を見たい方に便利にお得に再視聴出来る方法やおススメのサービスをご案内(・▽・*)

⇒ 真田丸をもう一度見る♪

-歴女日々ブログ♪