歴女日々ブログ♪

この人出るかな?小野お通

2016/12/10



イシュタルの娘、小野お通さん♪真田丸この人でるかな?シリーズ第三弾\(^o^)/真田家と同じ時代を生きた戦国の人びと。 真田丸に登場するか登場しないかまだわからないけど、 出て欲しい人物、もしかしたら登場するかもしれない人物を語っちゃうページです!

※追記:桃山文化華やかなりし頃の文化の香りのする小野お通さん。真田丸に小野お通さん出演決定です♪  お通役は元フジテレビアナウンサーで女優の八木亜希子さん♪楽しみです!

⇒ 小野お通に八木亜希子さん

 

お通は京に住まう謎の女性

小野お通さんは、お兄ちゃん信幸(信之)となんらかの関係があったかもしれない女性です♪

 

お兄ちゃん、真面目な堅物だと思ったら・・真面目な人こそ本気になったら怖い!のあれでしょうか?Σ

 

「小野のお通(おの の おつう)」という謎の女性は30年ほど前に放映されたNHK新大型時代劇「真田太平記」にも登場した女性ですが、 実際は多くの事がわからず、謎に包まれた女性です。

 

歴史上の小野のお通とは?

小野於通ともいわれる。 出自もさだかではない謎の女性。きらびやかな京の都で公家とも大名とも対等に付き合い、天皇家にも人脈を持っていた才女。女筆の腕前は当代一と謳われ、お通流といわれました。

 

秀吉晩年に行われた醍醐の花見では正室の寧(ねい)、淀殿、秀吉の他の側室たち、 前田利家の正室松(まつ) らと一緒に花見に参加、一緒に詠んだ歌も残されており、 「醍醐花見短籍」として醍醐寺霊宝館に展示されています。

 

なんだか凄くないですか? 身分も何も無い女性が秀吉の妻女と一緒に醍醐の花見に参加、歌も詠んでいるなんて。

 

以前書いたページに醍醐の花見に関することを書いています。毎年開催される太閤花見行列には小野のお通さん役の方も居ますよ♪
⇒  華やかな秀吉の桃山文化

 

信之と小野お通の真実の関係は?

さて、お兄ちゃんと小野のお通さんの真実の関係ですが、信之の正室・稲(小松姫)は晩年に「そろそろ京の人を迎えてみてはどうですか?」とお通を側室にするよう勧めたそう。

 

だとすれば二人は京で知り合い、恋人の関係だったのでしょうか?詳しい関係はわからないですが、小野お通さんは結局側室になることはありませんでした。

 

しかしお通さんのひとり娘 国子は、信幸と小松姫の間の子2代目松代藩藩主となった真田 信政(さなだ のぶまさ)の側室となっています。

 

もし小野お通さんが信之の愛人なら、愛人の子が正室の子に嫁いだことになりますが??
現在では考えられない事ですが、当時ではそういう話もありだったのでしょうか?親しい間柄であるけれど、信幸(信之)と小野のお通さんが何もなかったからこそ、子供同士が夫婦となると現代の私は思ってしまいますが。

 

イシュタルの娘について

「はいからさんが通る」「あさきゆめみし」などで有名な女流漫画家の大和和紀(やまとわき)さんが、小野お通を主人公にした「イシュタルの娘〜小野於通伝〜」という漫画を描かれています。

 

漫画のあとがきに、30年前のドラマ真田太平記を見て謎の女性小野のお通さんに興味を持ったと書かれていました。「イシュタルの娘」は現在13巻まで出ていて現在も連載中です。

 

内容は歴史的事実と大和和紀さんの解釈と想像が織り込んであってとても面白いです。イシュタルの娘を描くにあたり、参考文献の覧に私が学生時代に授業を受けお世話になった教授のお名前があってびっくりしました。せんせのご本が読みたくなりました。

 

歴史上の有名人物もどんどん出てきますし、何しろ主人公の小野お通さんが才女で手先も器用で素敵なんです(・∀・)真田信之(信幸)と真田幸村(信繁)兄弟ももちろん出てきますよ、お兄ちゃん信之は真田丸のお兄ちゃんよりイケメンな感じ。弟の幸村ももちろんイケメン。小野のお通は二人と兄妹の契りをかわします。えーなんて羨ましいの(笑)

 

真田丸とはまた違った真田家の物語が読めますよ、ぜひ読んで見て下さい。

 

小野のお通さんのお墓

小野お通さんのお墓は東京都練馬区の広徳寺にあります。真田家ゆかりのお寺ですが、真田家の縁でここにお墓があるのならやはり縁浅からぬ関係だったのでしょうか?

 

広徳寺には江戸時代の大名家のお墓が沢山あります。織田家の墓(織田信雄 、織田信包)や武勇に優れた立花宗茂や剣術家の柳生宗矩の墓など、荒々しい男たちの中、京から遠く離れた練馬の地で小野お通さんが眠っているのはなんだか不思議な感じです。

 

真田太平記のお通さん

お兄ちゃんと小野お通さんの間でロマンスはあるのでしょうか?女心にうとそうな信之お兄ちゃんは、なかなか恋に発展しない気がしますが(;´∀`)

 

真田太平記では、大阪冬の陣のあと小野お通さんの屋敷で信之(信幸)&幸村(信繁)兄弟の久しぶりの対面の場を設けてくれたり、幸村(信繁)亡き後、信之(信幸)のもとへ遺髪を届けてくれたりしました。真田丸でも小野お通さんが登場して、心暖まるエピソードが見れたら嬉しいです。

 

大河ドラマ真田丸でのお通さん

真田丸第38話「昌幸」にて小野お通さん初登場。キャストは八木亜希子さん。

関ヶ原の戦い以後、真田家の命運を一身に背負った真田信之は、ふとしたきっかけから京の文化人でありお通流の書の名人・小野お通と知り合い、癒やしを求め屋敷に通うようになります。

信之の愚痴を聞く小野お通さん。信之:「あなたといると心が落ち着く」

 

しかし、香の匂いで浮気?と感づく稲(怖い)

そしてお通さんに耳掃除をされながら愚痴を聞いてもらっていると、突然あらわれる稲とおこう。(ひ~!)


おこうさん、嫉妬のあまりお通に襲いかかるもすぐ倒される。最弱・・(かわいい)


堂々としている稲。そしてお通さんも負けていない。

修羅場・・?


しかし、お通さんはビジネスで信之と会っていた事が発覚。


あまりの展開に状況がわかってない信之お兄ちゃん。(あわれ・・)

 

稲:「はい。はい。」
ここ!最高に笑った。
信之が何か言っても相手にしていない稲(やはり最強)

 

稲:「帰りますよ」


真田丸の小野お通さんこんな人だなんて(;´∀`)「ぼったくりバーのママ」「高級耳掻き屋」なんてネットで書かれていました。せめて「カウンセラー」や「戦国のキャリアウーマン」でどうでしょ?

 

これでお通さんの出番ないのかな?(汗)

 

関連記事

⇒ 真田丸登場人物&キャスト紹介

最後までお読み頂きありがとうございました

こちらの記事もよく読まれています:


スポンサーリンク

記事下の紹介

関東勢百万と候え、男はひとりもなく候Tシャツ

真田幸村が伊達政宗の軍に放った言葉「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候(徳川兵に真の武士は1人もおらんのか~!)」と書かれたTシャツをご紹介!

⇒ 真田丸Tシャツ♪

真田丸を見逃した方必見

見逃した回やもう一度初めから真田丸を見たい方に便利にお得に再視聴出来る方法やおススメのサービスをご案内(・▽・*)

⇒ 真田丸をもう一度見る♪

-歴女日々ブログ♪