【ネタバレあり】登場人物紹介

稲の子供とおこうの子供の将来

2016/12/10



真田丸29話「異変」で真田信幸の正室「稲(小松姫)」と側室「おこう」がダブルおめでた!信幸お兄ちゃんそんな器用だったなんて!(笑)「稲(いな)」の子供と「おこう」の子供、それぞれの将来は?

祝・ダブルおめでた

弟の信繁に報告する信幸。
突然、真田信幸の子供が二人も♪
信繁と信幸ふたりで大喜び。

真田信幸と稲(小松姫)

徳川家康の重臣、本多忠勝の愛娘であり、家康の養女として真田家に嫁いできた稲(小松姫)演じる女優さんは吉田羊(よしだよう)さん。真田信幸役の大泉洋さんとで「洋、羊コンビ(ようようコンビ)」といわれています。

 

稲(いな)ちゃんがやっとデレたとネットでは話題になっていました。嫁いできたのがローティーンでやっとお年ごろになってきたともいえます。信幸の事好きだったんですね・・私も信幸と同じく鈍感なのかしら(;´∀`)デレわかんなかったー

 

今後、稲(いな)の笑顔が見たいですね♪

 

お兄ちゃんに抱きつく前も、抱きついた後もなんだか「戦のほら貝」鳴ってるような特攻の仕方だったから(笑)稲(小松姫)がどんどん信幸に打ち解けて、真田家を支える良い夫婦になってくれるのを早く見たいです(*´∀`*)

真田信幸とおこう

信幸とおこう(清音院)は従兄弟同士。おこうさんの父上はパッパ昌幸の長兄、真田 信綱(さなだ のぶつな)です。真田 信綱が長篠の戦いで亡くなった後、パッパが家督を継ぐ時に真田家内の調整のため二人は夫婦となった様です。


おこうさんを演じるのは女優の長野里美さん。さまざまな「真田丸イベント」に参加され、ツイッター(Twitter)やご自身のブログで報告して下さるので、イベントの様子が知れて嬉しい~!とても感謝しています。サービス精神豊富な素敵な方♪

 

今回紆余曲折を経て、おこうは信幸の子を授かりますが、真田丸のおこうさんのどんな困難にも負けずに前向きに行動した結果が実を結んだ様に思います。その姿勢はまさに「真田家の女」ですよね♪

意外にも器用だった信幸(笑)

「お兄ちゃんわりと器用だったんだ~笑」とネットで多数の方がつぶやいておられます。慶長伏見地震の時も「稲とおこう」それぞれ助けに行ってましたね。(稲→おこうと移動する時気まずかったのでは?w)信幸お兄ちゃんは優しくて、誠実な人だから二人を分け隔てなく終生愛してくれるのではないでしょうか。

 

幸せと・・かなりストレスも伴う気がしますが(;´∀`)

真田信幸の子供達の将来は?

信幸(信之)には信吉信政信重まん(高力忠房室)、 まさ(佐久間勝宗室)道鏡慧端(稲とおこう以外の子) という子供がいたとされています。

 

その中で稲(小松姫)の子供は
信政、信重、まん(高力忠房室)、
まさ(佐久間勝宗室)

 

おこうの子供は
☆長男の信吉といわれています。
(稲が母の説あり)

 

おこうさんの方が先に

長男の真田信吉(さなだのぶよし)を産みます

 

しかし、信幸の後を継ぎ、信濃松代藩第2代藩主になったのは次男の真田信政(さなだのぶまさ)です。信吉は廃されたわけではなくて、長男の信吉は沼田城主として沼田3万石を相続します。沼田は当時は本家松代藩の分領でした。

 

稲(小松姫)が正室、おこうさん(清音院殿)が側室といわれていますが、徳川時代でなく戦国時代なのでまだ曖昧な所があったのでしょうか?織田信長にも庶兄がいましたし、信吉が庶兄で「次男信政が信幸の後を継いだ」としたら問題無いと思われますが・・

 

真田丸以後の話となりますが、将来、長男信吉の子 真田 信利(信直ともいう)が「松代藩相続争い」を起こします。

 

その流れを調べていると、私の推測ですが、お兄ちゃん信幸が「長男の信吉」「次男の信政」をどちらも可愛いがり、どちらにもお家を継がせたかった。沼田領を独立させておこう(清涼院)の息子の「信吉の系統」も大名とさせてあげたかった気がしてしょうがありません。

 

松代藩2代目藩主として後を継いだ「次男の信政」としては疑心暗鬼におちいり、晩年父の信幸(信之)と不仲になったそうです。

 

お兄ちゃん真田信幸は長生きで92歳まで生きます。長男は1635年に40歳で亡くなり、次男は1658年亡くなります。同じ年、次男より後に真田信幸は亡くなります(ストレスフルの生活を続けながら92歳って!お兄ちゃん凄い・・)

 

1614年、1615年の「大坂の陣」ではお兄ちゃんは病欠(本当なのか?笑)代わりに長男信吉と次男信政が仲良く徳川方として参戦します。矢沢三十郎(真田丸のキャストは迫田孝也さん)がふたりを補佐。信吉と信政は敵方ですが、華々しく敵にも味方にも賞賛され戦う叔父の真田信繁を誇らしく、憧れの目で見るのではないでしょうか?

 

稲とおこうの子供が誕生!

真田丸30話「黄昏」でおこうさんと稲姫が、それぞれ男子を出産しました\(^o^)/史実の信吉と信政とは年齢差とか違うけど、ま、いいか♪

 

おじじ様とおばば様になった昌幸と薫さんの前で赤ちゃんを披露する稲とおこう。徳川家に情報を漏らしていたことをカミング・アウトした稲、だんだん真田家の正室・小松姫っぽくなって来ましたね!


二人の子供の名はおこうさんの子が「仙千代」稲姫の子が「百助」。う~ん。ちょっと気がついた事言いますね。

仙千代と百助

豊臣秀次の処罰された妻子と侍女39人のうち、長男が「仙千代丸」、次男が「百丸」と言うんですよね・・

 

幼くして亡くなった可哀想な秀次の子達の名前を、脚本家の三谷さんが使用したのかも知れませんし、秀次に高野山まで付き従ったお兄ちゃん信幸があえてこの名前を自分の子につけたのか・・とにかく豊臣秀次の子から、おこうと稲の子供の名前をつけたのかなと思います。


↑この構図(笑)
おこう役の長野里美さんも
信幸役の大泉洋さんも
稲役の吉田羊さんも最高♪大好き!

今後の真田丸

真田丸では初回信繁も信幸も子役ではなくていきなり堺雅人さん、大泉洋さんで、子役がいなかったのはちょっと残念でした。堺雅人さんの演技はほんと10代に見えてびっくりしましたが。おこうさんと信幸夫婦はおこうさんの顔色も悪かったので正直「これが10代の夫婦?!」とその時はちょっと不満でした(笑)でもどんどんおこうさん健康で綺麗になって♪

 

で、後半なんですが信繁も信幸も子沢山ですし、もしや子役が沢山出てくる?!特に九度山は凄い賑やかそうなんですが・・期待を込めて予想しちゃう(*^^*)

 

ともあれ、真田丸の三角関係
これからも楽しく見たいです\(^o^)/

 

最後までお読み頂きありがとうございました
よろしければこちらもご覧下さい♪

⇒ 【悲報】おこう、正室から側室に格下げへ

⇒ ブログも人気!変化に適応!おこう役は長野里美さん

⇒ 稲(小松姫)薙刀を掴む

⇒ じじ様昌幸と孫

 

関連記事

⇒ 真田丸登場人物&キャスト紹介

こちらの記事もよく読まれています:


スポンサーリンク

記事下の紹介

関東勢百万と候え、男はひとりもなく候Tシャツ

真田幸村が伊達政宗の軍に放った言葉「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候(徳川兵に真の武士は1人もおらんのか~!)」と書かれたTシャツをご紹介!

⇒ 真田丸Tシャツ♪

真田丸を見逃した方必見

見逃した回やもう一度初めから真田丸を見たい方に便利にお得に再視聴出来る方法やおススメのサービスをご案内(・▽・*)

⇒ 真田丸をもう一度見る♪

-【ネタバレあり】登場人物紹介