【ネタバレあり】登場人物紹介

家康の立体しかみ像、フィギュアに

2016/12/20



すいません、一目見て吹いてしまいました(;´Д`)

家康くんのしかみ像がフィギュアになってるそうです。


自分の今後の戒めとして、家康が描かせた「しかみ像」。

↓こちらがオリジナルのしかみ像です。
shikami
武田信玄に三方が原の戦いで破れ、命からがら浜松城に逃げ帰った、「そのみじめな姿を描いたと伝わる肖像画を基に⇒」制作された。

 

徳川家康立体しかみ像。

 

立体・・

 

浜松市博物館さん半端無いですね( ̄◇ ̄;)

 


三方が原の戦いは真田丸第4話「挑戦」でも昌幸と信繁が話題にしています。 そう昌幸がまだ真田の当主となる前、武藤家の養子として、 武田の侍大将・武藤喜兵衛(むとうきへい)として家康を追い詰めた戦いが三方が原の戦い。

 

昌幸:あの時は家康をとことん追い詰めてやった。
信繁:武藤喜兵衛ですね、その話大好きです。
昌幸:泣き喚きながら逃げていく家康の顔今でもしっかり目に焼きついておるわ(笑)

 

↓こ、こんな顔だったのかな?( ̄◇ ̄;)

 

【三方が原の戦いとは?】
家康くんの黒歴史。
武田信玄を家康くんが浜松城に篭城して迎え撃とうと待っていたが、 信玄、家康くんのいる浜松城をスルー。三方ヶ原台地を通過しようとした。 スルーされて頭にきた家康くんは家臣達が止めるのも聞かず、浜松城から追撃に出た。

 

が、武田軍にこてんぱんにされる。 家康くんは命からがら浜松城に戻ったという。

 

その後かかれたのが「しかみ像」といわれています。

 

家康くんを守るため、多くの忠義の家臣がなくなったそう。
一説には武田軍の犠牲200人に対し、徳川軍は2000人といわれています。
家康くんは恐怖のあまり脱糞したとか・・

 

まさに黒歴史。

 

NHK大河ドラマ21作目の「徳川家康」(昭和58年)をNHKオンデマンドで見た時、 脱糞した事を家臣にからかわれ、 滝田栄さん演じる徳川家康が「これは焼き味噌じゃ!!」といわれたのが印象に残っています( ̄◇ ̄;)

 

現在「徳川家康公立体しかみ像」はどこにあるのでしょうか?
去年2015年は家康がなくなりちょうど400年でしたので、
「立体しかみ像」はぐるぐる場所移動しておりました。
今年に入ってからはたぶん浜松市博物館にて展示されていると思われます。

 

また同じ浜松市の犀ヶ崖資料館では三方ヶ原の戦いジオラマも展示されているそうです。
ジオラマは、

 

出撃⇒激突⇒敗走⇒反撃⇒戒め

 

の5場面に分かれているそうです( ̄◇ ̄;)

 

真田丸ではちょっと臆病だったり、慎重だったり、心配のあまり爪を噛んだり、真田家の敵なのに愛されている家康くん。徳川家康役の内野聖陽さんの顔芸も秀逸です。ちょっと脳内変換したら内野聖陽さんの「しかみ像」も思い浮かべられる感じです(笑)

 

愛されキャラ家康くんの「立体しかみ像」ちょっと見てみたいですね。

 

さて「立体しかみ像」ですが、時々「立体しかみ像」の現在の居場所調べているのですけどわからないんですよね。私に勇気があれば問い合わせするんですが、在住が関西という事もあって延ばし延ばしにしています。展示イベントある時は「立体しかみ像」で検索するとヒットするかと思います。

 

※浜松市博物館、犀ヶ崖資料館、展示物が現在、他に貸し出していず、見れるかどうかは時期によりますので、それぞれご確認下さい。また「立体しかみ像」は名古屋の徳川美術館の所蔵だそうです。

 

浜松市博物館:053-456-2208

犀ヶ崖資料館:053-472-8383

徳川美術館:052-935-6262

 

関連記事

⇒ 真田丸登場人物&キャスト紹介

⇒ 家康と正信のボケっぷりに歓喜

⇒ ラスボス家康逃げる、逃げる・・そして

最後まで読んで頂きありがとうございました(・▽・*)

 

こちらの記事もよく読まれています:


スポンサーリンク

記事下の紹介

関東勢百万と候え、男はひとりもなく候Tシャツ

真田幸村が伊達政宗の軍に放った言葉「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候(徳川兵に真の武士は1人もおらんのか~!)」と書かれたTシャツをご紹介!

⇒ 真田丸Tシャツ♪

真田丸を見逃した方必見

見逃した回やもう一度初めから真田丸を見たい方に便利にお得に再視聴出来る方法やおススメのサービスをご案内(・▽・*)

⇒ 真田丸をもう一度見る♪

-【ネタバレあり】登場人物紹介