【ネタバレあり】登場人物紹介

信繁のそばにはいつも三十郎がいた

2016/12/19



真田信繁(幸村)の青春時代。信濃での日々にはいつも三十郎がいました。「源次郎さまいるところ三十郎あり!!」矢沢三十郎頼幸、キャストは迫田孝也さん。

信繁大坂へ

真田丸第14話で信繁が上杉景勝に付き大坂に旅立ちましたが、三十郎は沼田城の大叔父上、矢沢頼綱(三十郎の父)を支えてくれと信繁に言われ、しかたなく信濃に残ることに。不満げな三十郎。

 

次に三十郎を見るのはいつになるの?(>_<。)三十郎も源次郎と別れ寂しそうでしたが、私達も寂しい~。

信繁の青春(信濃編)にはいつも君が側にいた。

三十郎の今までの行動を追ってみます。

 

たまにうざい

源次郎信繁にいつも付き従う三十郎。「たまにうざい」と言われている(笑)新府城から岩櫃城に真田家族が逃げるときも母さま、ばばさま、松姉を信幸(信之)&信繁(幸村)兄弟と一緒に頑張って護衛しています。

昌幸と信繁に付き従い

甲州征伐にて武田を滅亡させた織田信長と対面する為、真田昌幸、真田信繁と一緒に信長滞在のお寺へやって来た三十郎。 真田家の命運を決める織田信長に昌幸が対面。 無事対面が済んだ後、三十郎は信繁と一緒に、光秀を折檻する信長を目撃します。固まっていたティーンエイジャーの信繁とおつきの三十郎w

本能寺の変の後の混乱で

【本能寺の変】
本能寺の変の時には安土城下にいた信繁と三十郎。 様子を見に信繁と共に安土を出て京に向かう。 帰りは伝令の赤い目印をつけたお馬さんに乗り信繁と急いで戻りますが、松姉上は織田の兵達に人質として安土城に連れ去られた後でした。

 

【安土城潜入】
信繁の姉・松様を救出する為、信繁と松の夫・茂誠と共に安土城潜入。松は無事見つけ出せたものの、他の人も助けてと松が言う。しかたなく20数人(!)の女性、子供も一緒に連れて逃げる。みんな奮戦してたけど、この人数じゃ無理~!

 

【安土から脱出】
安土から脱出するも明智の兵に追われ、ちりじりばらばら。佐助(キャスト:藤井隆さん)も助けに来るが、松を守りきれない。松は明智兵に追われ崖から飛び降りる・・なんてことに!佐助を慰めるように肩に手を置く三十郎。

海津城

源次郎信繁が父・真田昌幸の密命を受け、叔父の信伊のもとへ。 春日信達を調略しろとの事でしたが、三十郎の役目はみはり役。ずっとみはり役。詳しい状況はわからなかったけど、信繁が落ち込んでいる姿で察する三十郎。

信繁と梅の報告

信繁と梅(キャスト:黒木華さん)が結婚することになり三十郎達に報告

信繁:「梅と夫婦になることにした」
三十郎:「えっ、私はてっきりきりさんと・・」
佐助:「?!」


三十郎、空気読もうね(笑)

第一次上田合戦

真田家の総力戦。三十郎も信繁を助け頑張りました。

きりが羨ましい

信繁の妻・梅が第一次上田合戦で悲劇的に亡くなった後、信繁は再び上杉に人質に行き、三十郎も付き従います。そして上杉景勝(キャスト:遠藤憲一さん)、直江兼続(キャスト:村上新悟さん)と共に大坂に行くことが決まる信繁。父・矢沢頼綱の補佐を信繁に命じられおいてけぼりの三十郎。 信繁と共に大坂に向かうきりが羨ましい。

三十郎の色んな表情


信繁と三十郎の丸絵

大阪編後の三十郎

大坂編はじまったけど、その後の三十郎が出てこなくて寂しい(>_<。) 沼田城でお父さん(矢沢頼綱)と一緒に沼田城防衛に頑張っているのでしょうね。

 

さて三十郎の今後はどうなるのでしょうか?

 

三十郎はれっきとした矢沢家の嫡男。 このあと、お父さん・矢沢頼綱も高齢ですし、隠居して三十郎が家督を継ぐ事となるでしょう。

 

信繁の側に居たかった三十郎。でも信繁にも三十郎にもそれぞれ立場があります。

 

10代の多感な頃、ずっと一緒に行動していた二人。

 

現代でもそうですねー、寝る間も惜しんで語り合ったり、遊んだり、悩みを打ち明けあった友。永遠に続くと思ってたのに、大人になっていつの間にか道が分かれてしまった。大好きだった人。

 

大人になって会えてももうその頃とは違う。 いつの間にか道が分かれた二人。

 

信繁が大坂で豊臣秀吉の馬廻役として働き、三十郎は家督を継いで矢沢三十郎頼幸として生きていくのなら、もう前の様に一緒に行動は出来ない・・その可能性が大ですね。

 

とても寂しい事ですね。

 

でも・・・

 

遠く離れていても、お互い思っている。

 

そんな関係がずっと続くと思います。

 

今度真田丸で三十郎が登場するシーンでは、一皮向けた大人になった三十郎が見れる予感ヾ(o゚ω゚o)ノ゙

 

信繁と三十郎再会!

信繁が大坂に行き15年・・やっと伏見の真田屋敷にて信繁と三十郎が再会!その間に色々な事がありました。信繁は豊臣の馬廻衆となり従五位も授けられ俸祿も1万石以上の大名格に。三十郎は大叔父矢沢頼綱の後を継ぎ、矢沢三十郎頼幸として沼田城代格に。大人の男に成長したふたり。

でも、やっぱりちょっとウザくるしい三十郎(それが良い♪)

 信繁ってちょっとウザいの「嫌いじゃない」のかも・・きりちゃんといい三十郎といい。寂しがり屋の末っ子信繁?

信繁の側でイキイキしている三十郎。


石田三成をサポートする真田信繁。その信繁をサポートする三十郎。

そして再び別れが・・

第二次上田合戦。 策で戸石城を開門し裏切る役目を三十郎に頼む信繁。そのまま三十郎は信幸側に行くしか無い・・「信繁様の側に居たいと」泣く三十郎(涙)

 再び道が分かれてしまったふたり・・

大坂の陣に三十郎も参陣!

信繁が紀州九度山に流されていた14年間、三十郎は真田信之のもとで働いていました。豊臣と徳川に緊張が高まると、徳川の家臣・真田信之は体調の悪い自分の代わりに息子である真田信吉と真田信政を大坂に行かせることを決めます。二人に随行し信繁の義兄・小山田茂誠と矢沢三十郎頼幸(頼康)も大坂へ

⇒ 茂誠と三十郎、大坂の陣に

 

真田信繁は真田幸村と名を変え大坂に入城します

 

くしくも敵同士となった幸村と真田本家

幸村側と小山田茂誠と三十郎は戦場で会わないように佐助や堀田作兵衛を介し密かに情報のやり取りをします。大坂冬の陣では徳川家康が真田対真田を策略しますが、その前に幸村が徳川方を挑発し、真田対真田の戦いは回避されます。

ひとときの再会

大坂冬の陣のあとの和睦にて豊臣と徳川にひとときの平和が。真田幸村は嫡男・真田大助を連れて真田の陣へ。再会出来て最高に嬉しそうな三十郎

信繁と三十郎の永遠の別れ

しかし、豊臣家と徳川家の最期の対決、大坂夏の陣ではついに戦場で真田同士が相見まえる事に・・真田信政を庇う三十郎。そこに真田幸村が・・


三十郎が幸村に突進した時はビックリしました。(えっ、三十郎マジなの?)公の戦場で敵に後ろを見せたら後でどれだけ問題になるかわからないからでしょうか・・・

 

三十郎、君には源次郎様を倒せないでしょ?倒されに行ったの?(涙)

 

幸村(信繁)は三十郎の攻撃を軽くいなして「小者に構うな!」といい去ります。「三十郎様(涙声)」と駆け寄る堀田作兵衛。そして去る作兵衛。


赤揃えの幸村の軍を見つめ男泣きする三十郎・・・

 

「源次郎様~~~~~!!」

 

絶叫する三十郎、可哀想な三十郎・・


なんて切ない、切ない・・・

 

ずっと側にいれたら良かったね、三十郎

 

関連記事

⇒ 真田丸登場人物&キャスト紹介

⇒ 三十郎役は迫田孝也さん

 


こちらの記事もよく読まれています:


スポンサーリンク

記事下の紹介

関東勢百万と候え、男はひとりもなく候Tシャツ

真田幸村が伊達政宗の軍に放った言葉「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候(徳川兵に真の武士は1人もおらんのか~!)」と書かれたTシャツをご紹介!

⇒ 真田丸Tシャツ♪

真田丸を見逃した方必見

見逃した回やもう一度初めから真田丸を見たい方に便利にお得に再視聴出来る方法やおススメのサービスをご案内(・▽・*)

⇒ 真田丸をもう一度見る♪

-【ネタバレあり】登場人物紹介