キャスト紹介

稲(小松姫)役の吉田羊さん

2016/09/08



真田丸キャスト紹介。
信幸に嫁いだ本多忠勝の娘、正室の稲(小松姫)役は吉田羊さんです!

 

羊って漢字を名前に使うって変わってますよね

 

読み方は吉田羊(よしだよう)さん

 

本名は吉田 羊右子(よしだ ようこ)さん。こちらも変わった漢字を使われていますね。吉田羊という芸名はようこの羊(よう)から取られたのですね。不思議なお名前ですが、一度聞いたら忘れられない名前ですね!羊さんのファンは自らをヒツジストと呼ぶそうです(*^m^*)

アメーバブログでは「放牧日記」というブログをされています。

「放牧日記」という吉田羊さんのブログ。タイトルも面白いですね。でも春頃のスキャンダル報道から日記をつけられる事はなくなりました。なぜ?どうして?また楽しくブログを書いて欲しいです。

 

吉田羊(よしだよう)さんの女優としての知名度があがったのは30歳を過ぎてから。 それまでは小劇場を中心として活躍され、現在の所属事務所はORANKU(おらんく) 。 ただひとりの所属俳優さんで、女性マネージャーさんとお二人で頑張っておられるそう!

 

その女性マネージャーさんが撮影?吉田羊さんのレポートのはとバスツアー載せますね。羊さんのおちゃめな人となりと、はとバスツアーレポートが見れます(・▽・*)

お茶目な吉田羊さん♪

 

吉田羊さんのご活躍が知られるようになったのはつい最近からの印象です。2014年の月9ドラマ「HERO」で女性検事馬場礼子役に抜擢、役柄に合わせるため、それまで長かった髪をボブしされたそうです。
2015年は「ウロボロス〜この愛こそ、正義。」「ドS刑事」「恋仲」「コウノドリ」と連続4クールテレビドラマ出演されました。

 

また2015年の映画「ビリギャル」で第39回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。 去年はポカリスウェットやヱスビーのゴールデンカレー、トヨタホームや花王のハミングファイン、サンヨー食品のサッポロ一番のCMなど吉田羊さんがCMでも沢山起用され、ブレークした年となりました。

 

大河ドラマは真田丸で3回目。2011年の「江〜姫たちの戦国〜」では細川ガラシャの侍女で洗礼をさずけた清原マリア役で出演。2012年の「平清盛」では西行法師の出家前の佐藤義清の妻役で出演されました。え~「平清盛」の西行法師役は藤木直人さんでしたよね、素敵な佐藤義清さんでした。今度また見てみよ~(・▽・*)

 

2016年は更に躍進!最近ではバラエティにも出演されお茶目なお姿と人となりを披露されていました。またNHKのドラマ「トットてれび」ではボブの素敵な向田邦子さんを演じられていました。

 

真田丸の稲(小松姫)では徳川家と真田家の和睦として、嫡男信幸の正室となります。家康の養女として輿入れしますので、その後の真田家に大きな助けとなります。史実では信幸と小松姫は夫婦仲が良さそうですが、真田丸ではどの様な夫婦となるでしょうか?(^-^*)

⇒ 稲(小松姫)薙刀を掴む

 

稲の夫、お兄ちゃん信幸は「犬伏の別れ」で父の昌幸と弟の信繁と敵味方に分かれてしまいます。そして真田家を継ぎます。しんどい役目ですね。真田に仕える家臣たちの行く末も信幸の手腕にかかっている。跡継ぎは大変ですね。

 

そういう重責にある信幸をそっと支えてくれる存在が、正室の小松姫。真田丸ではどの様に話は展開して行くのでしょうか?吉田羊さんはどの様に演じられるのでしょうか。

 

おこうさんとの対面もぜひ見たい!
正室と側室対決!
吉田羊VS長野里美!!
信幸お兄ちゃん貧血で倒れそう(笑)

 

吉田羊さん、稲役楽しみにしています!
-真田丸キャスト紹介-
【吉田羊さんプロフィール】
配役:稲(小松姫)
本名:吉田 羊右子(よしだ ようこ)
生年月日:2月3日
出身地:福岡県久留米市
血液型:O型
学歴:久留米信愛女学院高校卒業
事務所:ORANKU(おらんく)
趣味:古着物、スキューバダイビング
特技:ピアノが弾ける。

関連記事
⇒ 真田丸登場人物紹介

⇒ キャスト一覧

こちらの記事もよく読まれています:


スポンサーリンク

記事下の紹介

関東勢百万と候え、男はひとりもなく候Tシャツ

真田幸村が伊達政宗の軍に放った言葉「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候(徳川兵に真の武士は1人もおらんのか~!)」と書かれたTシャツをご紹介!

⇒ 真田丸Tシャツ♪

真田丸を見逃した方必見

見逃した回やもう一度初めから真田丸を見たい方に便利にお得に再視聴出来る方法やおススメのサービスをご案内(・▽・*)

⇒ 真田丸をもう一度見る♪

-キャスト紹介