真田丸どうでしょう

真田丸どうでしょう6話のまとめ

2016/09/09



本能寺の変から2日後、信繁らは人質になっていた松を安土城から救出し、
安土の地から脱出しようとしていた。
さて第6話「迷走」、ネットでの皆さんの感想は?ヾ(o゚ω゚o)ノ゙


【安土脱出】
明智兵に襲われる信繁一行。
松が一緒に連れて行って欲しいとお願いした女の人達も、
みんなちりじりばらばらに・・
結局誰も救えなかったのでは?(;^ω^)

佐助参上。
必死で松を助けようとします。


明智兵から逃げ惑う松。
しかし敵に追い詰められ崖から飛び降りる。
信繁、茂誠、三十郎、佐助。
みんな間に合わなかった。


茂誠の嘆き(TдT)


【一方真田の郷では】
織田に付くのが筋と主張する信幸。
信幸:「滝川一益さまのもとで明智を討伐し上様の仇を討つのが筋かと」
昌幸:「なぜそれをもっと先に言わん」

(たぶんお兄ちゃんの意図とは違うと思うがw)
昌幸は一益を御輿にしようと考えはじめた。
【滝川一益と昌幸】
昌幸:早く京に向かい明智を討ち果たして下さいませ。
一益:それは出来ん。
昌幸:なにゆえにございます。
一益:今ここを離れるわけにはいかん。
昌幸:ご心配なさるな、信濃はこの私がまとめます。
一益:その真田(昌幸)がもっとも信用ならない のじゃ。
昌幸:はははは!おっしゃいますな!!
一益:(まじで!!)


明智を討った者が織田家中を率いて行く事になりましょう。
それは滝川様をおいてほかにはござらぬ。
そう訴える昌幸。 (下心あり)。
【森長可】
初登場の織田家武将・森長可(もりながよし)さん、
弟三人(蘭丸・坊丸・力丸)は本能寺の変で討ち死にしてるんですよね;


【出浦昌相(いでうらまさすけ)】
同じ小県郡の国衆であり、昌幸の協力者。
今回出浦さんのセリフがかっこいいとネットで話題になっていました。


出浦:素っ破は戦では死なぬ。
       素っ破が死ぬときは・・信用を失った時。


頭なでられる信繁w


【国衆軍議】
黙れ小童(三回目)


【北条家】


【徳川家】
伊賀越えの疲れがとれない家康。
一日寝たら回復した忠勝。


明智討伐、信長の仇を討つ気がない家康。


【母の嘆き】
真田の郷に帰り、父と兄に松の事を報告する信繁。
そこに母・薫がやってくる。
大事な娘が亡くなって嘆かない母はいませんね(TдT)
【落ち込む信繁】
母に責められさらに落ち込む信繁。
【お勤めきり】
落ち込む信繁にさらに追い討ちをかけるきり。
きりは思ってもない事を言ってしまってるんでしょうね。


【梅】
梅は賢いなぁ。
梅と話すことによって少し救われた信繁。
ここで一旦勝負あった気がします。


【なんと松が】
どこかの農家にいる。
記憶喪失なのか・・?


しかしネタバレ早かったですねw
姉さん生きてて良かったけど(^-^*)


【祖母とりが人質になる】
一益の人質としてとりが沼田城に行く事になった。


【きりがとりのお付きとして同行】
行く前に信繁と話しをしたかったけど、
話せず真田の郷を去るきり。

【明智光秀ナレ死】
有働アナ・ナレーション:6月13日 明智光秀は山崎の合戦において、
                           羽柴秀吉に敗れた。

アナ雪に続き、明智光秀も有働さんのナレーションで葬られる。

【羽柴秀吉】
まだワンシーン。山崎の戦い勝利の宴?


【ワシは疫病神か?】
羽柴秀吉が信長の仇、明智光秀を討ったことで、
滝川一益が織田家中での主権を握る事はなくなった。


【父と信繁】
物見やぐらで話す。親子。

【北条、上野に侵攻】

【昌幸の心が決まる】


昌幸:息子たちよ。
どんな手を使ってもわしは真田を
この地を守り抜いてみせる。

大博打(おおばくち)の始まりじゃぁ!


お父しゃん、ギャンブル的な話多いですね(笑)


今回は真田丸どうでしょう6話のまとめをお送りしました(人´ω`*)♡
次回は  真田丸どうでしょう 第7回「奪回」のまとめをお送りします!
良かったらまた読んで下さいね!

関連記事

⇒ 真田丸登場人物&キャスト紹介

こちらの記事もよく読まれています:


スポンサーリンク

記事下の紹介

関東勢百万と候え、男はひとりもなく候Tシャツ

真田幸村が伊達政宗の軍に放った言葉「関東勢百万と候え、男はひとりもなく候(徳川兵に真の武士は1人もおらんのか~!)」と書かれたTシャツをご紹介!

⇒ 真田丸Tシャツ♪

真田丸を見逃した方必見

見逃した回やもう一度初めから真田丸を見たい方に便利にお得に再視聴出来る方法やおススメのサービスをご案内(・▽・*)

⇒ 真田丸をもう一度見る♪

-真田丸どうでしょう